-----------:-- スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-10-20-00:09 思う

すごいひとになる

10月の三連休に家族旅行に行き、その帰りに高速のパーキングで小休憩をとりました。

駐車場から奥さんと息子と3人で休みで満車の状態の駐車場の車の脇をすり抜けながら、お土産が売っている建物へと歩いていると、その建物脇にちょっとした公園のような広場があり、小学一年生くらいの男の子がそこで楽しそうに遊んでいるのが見えました。

すると私たちから見て右側からたぶんのその男の子の名前だと思われる名を呼ぶ声が聞こえます。

「○○!!」あきらからに怒っています。
次の瞬間。
その右側から来た女性。たぶんその子の母親が男の子の頭を思いっきり平手で「バチン!」と叩きました。
こちら側からその子の笑顔が泣き顔になるのが見えました。

そして、まくし立てるように「テメェー、何回言ったら分かるんだ!」
「アブねーって言っているだろ!轢かれるのは勝手だけど、轢くほうが迷惑なんだよ!」
といいながら手を引いて車のあるほうへと歩いて行きました。

私たちは無言で「怖かったね~」と顔を見合わせてしまいました。

そのまま、私と息子はトイレへ、奥さんはお土産屋さんに向かいました。
「さっきの人怖かったね~けんちゃんのママは優しくてよかったね」
と私が小さい声で言うと、息子は余程さっきの母親が怖かったのか無言で大きく頷きました。

優しいというのは、力(権力)がある人が力(権力)が無い人に対して行う行為ですから、親子関係で言えば親は子に対して優しいというのが当たり前だと思います。
そして、子供はどんなときも怒ったり、イライラしたり感情的にならない人を見て「大人」だと認識するようです。

子供から見てこういう人をすごい人だと思い、このすごい人を悲しませたり、困らせたくないと思うようです。

駐車場で遊んでいる子供を怒鳴って殴って止めさせるのではなく、「お母さんは、○○が車にぶつかって怪我するのはすごく悲しい」と伝えるのです、するとこの人を悲しませたくないと子供は思うのでその行為を止めるようになる。

親や上に立つ人というのは「すごい人」になればいいということです。

ちなみに、パーキングで出会った男の子は、自分の思った通りにならないと、大きい声で張り上げて怒鳴り、暴力を振るって相手を思い通りにしようとする解決方法を親から教えてもらっているので、同じようことを親にも周りにも行っているので、また同じように怒られているのでしょう。

もともとは親が教えた方法なのに・・・


すごい人になりましょう。


今日はここまで。

ありがとうございます。

2010-10-09-00:02 思う

弱点

じゃく‐てん【弱点】
1 十分でない点。欠点。2 後ろ暗いところ。弱み。


歯が痛い。

虫歯ではないはず。でも痛い。


これはたぶん、疲れのせいたと思う。

自分では疲れていないと思っていても、意外とカラダは正直。


もしかしたら、疲れているとき、自分の一番弱いところに異常が出るのかもしれない。

ということは、歯が弱点ということかもしれない。


明日からゆっくり休んで、心の休養をしたいと思います。


今日はここまで。

ありがとうございます。

2010-10-05-00:10 すてきななはし

笑と涙


さっき、久々に涙が出るほど爆笑した。

しゃべくり007を奥さんと息子を観といて、おなかが痛くなって、涙が出てくるほど笑った。

メガネをとって涙を拭いた。そのあとで、奥さんと息子を見てら、二人ともおなかを抱えて爆笑していた。

とても幸せだった。

幸せの涙でした。



今日はここまで。

ありがとうございます。


2010-10-03-16:17 こどもと

ら・ら・ら♪

「ら・ら・ら」をネットで検索すると、大黒摩季の「ら・ら・ら」が出てきますが、タイトルのものとは全く関係ありません。


また、2週間以上も書けずにいました。


私は毎朝、子供と一緒に家を出ます。
そのとき、子供と色々を話をして歩いています。

うちの子は「学校行きたくないな~」とか「勉強やだな~」など色々と不平をもらすときがあります。

本当に行きたくないわけではなくて、月曜日などは特に面倒くさいんです。
だから「やだな~」と言っているようです。

先日もいつもと同じように朝一緒に歩いていると、「やだな~」といっていました。
たまたまエレベーターに乗るときでちゃんと聞き取れなかったので、私が「ら・ら・ら?」と聞き直したら、「や・だ・な」と一文字ずつ丁寧に言い返してきたので、私も同じく丁寧に一文字ずつ区切って「ら・ら・ら♪」とちょっと楽しそうに言うと、「ふざけないで」と言うので、「パパはいつもふざけているよ♪」また言い返したら笑っていました。

エレベーターを降り、マンションから出ようとしているときにまた「やだな~」って言ってます。もう口癖のようなものです。
だから、今度は歌うように「ら・ら・ら~♪」と楽しく言うと、子供も「ら・ら・らじゃない!」と爆笑しています。

その後はもう「や・だ・な♪」もちょっと笑いながら楽しそうに言っていますし、すでに「嫌だ」ではなくなっています。

それからしばらくは何を言われても「ら・ら・ら♪」で返事をしながら、歩いていきました。

とても楽しい朝でした。


今日はここまで。

ありがとうございます。

2010-09-19-15:34 おすすめ

ララバイ

ララバイ【lullaby】
子守歌。


先週、何年ぶりかにDVDを借りて観ました。
たぶん、子供が生まれる前にカリタキオクガアルクライナノデ・・・
とカタカナになってしまうくらい記憶にありません。

何を観たかというと、「ゴールデンスランバー」です。



オール仙台ロケでしたし、原作が大好きな伊坂幸太郎ですし、観てみたいと思っていたんです。

面白かったです。原作を思い出しながら観ていました。

すると、今度は原作が読みたくなって読み始めています。


まだ途中ですが、1回読んで、映画を観て、そしてもう一度読む。
また違った面白さがあります。

一番違うのは、音です。

最初に本を読んだときは、ほとんど音がいない。
そのあと映画を見ると映像だけではなく、主題歌などの音がある。

再び、本を読むと効果的に映画の音と本がいい具合に重なってくてまた面白い。

タイトルのゴールデンスランバーはビートルズの「アビイロード」


に収録されている、1分半くらいの曲です。
これがまたいいんですよ。

映画を見た後に本を読むとこの曲のメロディや歌詞にぐっとくるんです。



歌詞も載せておきます。

Once there was a way        
To get back homeward
Once there was a way
To get back home

Sleep, pretty darling, do not cry
And I will sing a lullaby

Golden slumbers fill your eyes
Smiles awake you when you rise
Sleep, pretty darling, do not cry
And I will sing a lullaby

Once there was a way
To get back homeward
Once there was a way
To get back home

Sleep, pretty darling, do not cry
And I will sing a lullaby


かつて そこには
故郷へと続く道があった
かつて そこには
家へと続く道があった

おやすみ かわいい子 泣かないで
子守唄をうたってあげよう

黄金の眠りがおまえの瞳を満たし
微笑がおまえの目を覚ます
おやすみ かわいい子 泣かないで
子守唄をうたってあげよう

かつて そこには
故郷へと続く道があった
かつて そこには
家へと続く道があった

おやすみ かわいい子 泣かないで
子守唄をうたってあげよう



最近の私のお気に入りです。


今日はここまで。

ありがとうございます。




ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。