店長のひとりごと~ツイてるblog~ > 思う > 卒業式に思う

2007-03-06-09:30 思う

卒業式に思う

先述いたしましたが、『司馬遼太郎さんの言葉』の冒頭に
人間は,生きているのではなく,大きな存在に生かされている

という言葉があります。
私は店長をしていて特にこのことを強く感じるときがあります。
それはスタッフの卒業式(送別会)です。

私の店では就職や進学などでバイトを辞めるスタッフを3月に『卒業式』を行います。しっかり『卒業証書』もつくります。
残るスタッフが先輩スタッフや同期のスタッフに色紙やプレゼントをします。
そして卒業生がみんなにメッセージを贈ります。

コントをしたり、変装して参加するスタッフがいたりと本当に面白い会になります。
毎年、笑って泣いて感動してます。

このような卒業式をすこし客観視してみたりします。
そうすると『ここに集まったみんなは必然的に出会ってそして一緒に働いているんだなぁ』って思いが湧いてきます。

間違いなく決まられたシナリオがあって、そのシナリオの中にお店や私がいたんです。そしてスタッフとお店にとの出会いや私とお店との出会いを深く深く考えていくと、そのシナリオが寸分の狂いも無く確実に運行されていることに気づきます。

不思議な感覚に陥ります。

卒業式当日までの準備や当日の進行やその場の雰囲気などを見ていると、みんなの仲間意識やお互いを受け容れて楽しんでいる姿はやはり『会うべくしてあった仲間』だと思えてきます。

出身地も育った環境ももちろん学校や年齢も違う人間たちがひとつのお店で『お客様を喜ばせる』という目的に向かってみんなが協力している。
そんなお店と人の強い『縁』を感じます。

お互いの長所が短所を補って、そしてお互いに成長していく。それが必要だから必然的に出会ったと私は思っています。

やはり大きな存在があって、その存在に私たちは生かされていると思えてきます。

スタッフやお客様、すべての出会いは必然で必要だと思うとありがたくなります。ホント、感謝です。

すべての人や物との『縁』を大切にしたいものですね。

ありがとうございます。




スポンサーサイト

<<チョ~すごいサツ店長のひとりごと~ツイてるblog~司馬遼太郎さんの言葉>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム