店長のひとりごと~ツイてるblog~ > 不思議なはなし > 落語 『尻餅』

2006-12-31-09:20 不思議なはなし

落語 『尻餅』

昨日の続きです。

落語の『尻餅』のあらすじです。

亭主が甲斐性なしで、
大晦日だというのに、餠屋も頼めない貧乏所帯。
女房が、せめて近所の手前、
音だけでもさせてほしいと文句を言う。
これは、少しでも金を都合してきてくれという心なのだが、
能天気な亭主、これを間に受けて、
自作自演で景気よく餠屋に餠をつかせている芝居をしようと言いだす。
夜、子供が寝たのを見計らい、
そっと外に出て、聞こえよがしに大声で
「えー、親方、毎度ありがとうございます」
と叫び、
子供にお世辞を言ったりする場面も一人二役で大奮闘。
いやがるかみさんに着物をまくらせ、
手に水をつけて尻をペッタン、ペッタン。
そのうち、尻は真っ赤になる。
かみさんはしばらくがまんしていたが、
とうとう、
「あの、餠屋さん、あと、幾臼あるの?」
「へい、あと二臼です」
「おまえさん、後生だから餠屋さんに頼んで、
あとの二臼はおこわにしてもらっとくれ」



そんなこんなで今年最後になりました。

一年間ありがとうございました。実際は3ヶ月ですが・・・

また来年も感じたこと思ったことをありのまま、気ままに、気取らず、こだわらずに書きたいと思いますので、お付き合いください。

ありがとうございます。
スポンサーサイト

<<心に余裕店長のひとりごと~ツイてるblog~お餅のはなし>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム