店長のひとりごと~ツイてるblog~ > > モモ

2010-03-30-22:41

モモ

もも【百】
ひゃく。また、他の語に付いて複合語をつくり、数の多いことを表す。
もも【股/腿】
足の、ひざから上の腰に続く部分。
もも【桃】
〔木〕a peach tree; 〔果実〕a peach


ここでいう「モモ」は本の名前です。



「時間とろぼうと ぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語」です。

この本は360ページもある、小学5,6年生以上を対象にした児童書です。

『1976年9月24日 第一刷発行
 1985年5月10日 第二十一刷発行』と巻末に印刷されています。

実は、「モモ」を読み始めたのは、1985年の夏休みからなんです。
25年前の私は11歳、小学校6年生でした。
夏休みの宿題に必ずあったのが「読書感想文」です。その当時は本を読むのが好きではなかった私は簡単な本を読もうと思っていたはずです。

そんな時、父親に「この本を読みなさい」と渡されたのが、「モモ」でした。
こんなに分厚くて、タイトルも含めてわけ分からない本を正直読みたくなかったです。
だから、最初の数ページを読み、巻末の解説を読んでテキトーに感想文を書いて、さらに父親にも読んだと伝えておきました。

それから25年。

この本のこともその内容もすっかり忘れていましたが、先日実家で「モモ」の話になり、本棚を探したらまだ在ったんです。感動しました。

あの時は全く読む気が無かったのに、無性に読みたくなって読み始めてみたんです。

これはとても面白い。そして、興味深い内容に考えさせられました。
そして、25年かかってやっと日曜日に読み終わりました。

本の最後に「訳者のあとがき」が書かれています。
そこを読んでいると「なるほど~」と思えることが書かれていたので、後でチェックするためにページの下端を折ろうと思い、目をやると既に折られています。
たまたま折れたのでなく、意図的に折られていました。

私の父親も同じように本のページの下端を折る癖があります。
というより、父親の癖を真似しているのは私ですが。

もう既に25年前に父親によって折られていました。
しかも、私が「なるほど~」って思ったところに。

そして、ふっとこの本のテーマである「時間」について考えていたら、あることに気付きました。

25年前に私の父親はこの本を読んで「素晴らしい!」と思ったから、息子である私に読ませようと思ったはずです。
私と父親の年齢差は「25歳」なんです。

ということは、今の私と同じ年齢の時にこの本を読んで素晴らしいと感じ、息子に読ませようと思った。
さらに、自分で読んでいて、「なるほど~」と思ったところを折っていた。

今の私と同じことを25年前にしていたということですよね。
本当に不思議ですね。
本のタイトルといい、すべてが絶妙に重なり合っていて。何とも不思議な思いです。

結局、息子は25年経って本を自分が読んだ年齢で読んでくれたんだから、父親にとってもよかったんです。

私も「モモ」に時間をとりかえしてもらうことが出来ました。


今日はここまで。

ありがとうございます。
















スポンサーサイト

<<続・花粉症店長のひとりごと~ツイてるblog~お迎え>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム