店長のひとりごと~ツイてるblog~ > > 返事

2010-03-20-09:21

返事

へん‐じ【返事/返辞】
呼びかけに対して答える言葉。答え。返答。


先週の木曜日に東京へ出張してきました。
ひとりでの出張は移動時間に本を読む時間がたくさんあるのでうれしい。

まだ読んでいない本が4、5冊と歴史小説が数冊あり、どれを持っていくが迷っていました。

そのとき読んでいたのが、伊坂幸太郎の終末のフールでした。


もう後一章で読み終わるところだったので、もう一冊はもって行こうと思って本の見出しと気分で本を選んでいました。

候補のひとつめは、茂木健一郎さんの「ひらめきの脳」でした。


帯には「ひらめきは天才だけのものじゃない。アハ!体験があなたを変える」と書かれています。
わくわくしています。

もう一つは、司馬遼太郎さんの「酔って候」です。


こちらの帯には「大変革期の藩主たち。何を思い、維新の世を迎えたのか- 山内容堂、島津久光、伊達宗城、鍋島閑叟」と書かれています。

悩むということはどちらを選んでも一緒ということですから、両方持っていくことにしました。
なので、東京には仕事で行くわけですから、資料を持って行きます。その他に上記の本を3冊持っていきました。

案の定、あっというまに終末のフールは読み終わってしまい、さーってどれを読もうかと思いカバンを開けると、黄色い封筒が見えました。「そうだ、不思議研究所から『不思議の友』が届いていたんだ~」と思い出しました。
私は森田健さんのファンです。不思議の友は無料の会報誌です。

本を読む前にふし友(不思議の友の略)を読むことにしました。相変わらず、他じゃ読めないよう面白い内容でした。
そして、びっくりすることがありました。

それは、ふし友に迷っていた2冊の本をどちらを読めばいいか書いてありました。
偶然なのかもしれませんが、これは「どっちを読んだらいいのか?」という質問に対して、返事をいただけた感じです。

そこには長崎について書いてありました。今、話題の坂本龍馬についても記述があり、土佐藩藩主「山内容堂」まで出てきました。さらには、司馬遼太郎さんの言葉なども書いてあり、これは「酔って候」を読んでみてはいかがですか?と言われているようでした。

時空というか、宇宙というか、神様と言えばいいのか分かりませんが、質問をすると返事をしてくれます。答えを返してくれます。普段それに気付いていないだけだと思います。色々なところにアンテナを張っていると返事がもらえることが非常に多いです。

例えば、悩んでいたときにある本を手にとり質問をする。そして、本を適当に開いて見るとそこにその質問に対する答えが書いてあったりする。
とても不思議ですが、森田健さんがおっしゃていましたが、神様は質問をされたいみたいです。
だから、どんどん問いを発したほうがいいようです。

ということで、新幹線で「酔って候」読んでいました。この本もかなり面白い本ですので、読んでみてください。

今日はここまで。

ありがとうございます。




スポンサーサイト

<<ホ・オポノポノ店長のひとりごと~ツイてるblog~バーバパパ>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム