店長のひとりごと~ツイてるblog~ > > ホ・オポノポノ

2010-03-22-09:36

ホ・オポノポノ

ホ・オポノポノ(Ho'oponopono)は、ハワイ語で、PukuiとElbertによるハワイ語辞典において「心の洗浄。祈り、議論、告白、後悔、互いの補償と許しによって関係を整える家族会議」と定義される言葉。この言葉は、家族のあるいは個人の癒しの方法を指す言葉として知られる。


ホ・オポノポノ、ホ・オポノポノ、ホ・オポノポノ・・・・

言っていても、書いていても、読んでいてもこんがらがってくる言葉ですが、このホ・オポノポノが素晴らしい問題解決法なのです。



先週、この本を借りて読んでいました。

読みながらすぐにホ・オポノポノを実践してみました。

何をするかといいますと、「ごめんなさい」「許します」「ありがとう」「愛してます」の4つの言葉を心の中で唱えるだけです。

不思議と気持ちが軽くなります。


ホ・オポノポノでは、目の前に起こる問題はすべて自分に責任があると考えます。
そこでその原因となる潜在意識の中にある情報を「ごめんなさい」「許します」「ありがとう」「愛してます」の4つの言葉を心の中で唱えることで消去し、解決するというものです。

とても簡単で、なおかつ効果がある方法だと思います。

著者は本のなかで「手放せ」や「ゼロ」という言葉を何回も書かれていました。
ホ・オポノポノは4つの言葉を唱えることで潜在意識の中の情報を消去することを「手放す」や「ゼロ」という言い方をしていました。般若心経の「空」といういい方もしていました。

般若心経も「こだわりを捨てなさい」と言っていますし、釈迦も苦の根源は「執着」だとも言っています。

その執着を捨てる(消去)する方法はホ・オポノポノなのかもしれません。

私たちは過去の情報によって判断しています。問題はその過去の情報が再生されて起こっているようです。
その過去の情報を消去することで問題が解決されるということです。

例えば、遅刻ばかりする人がいるとしましょう。
その人を遅刻させないようにするためには、叱ったり、注意したり、遅刻はだけだと諭そうとしますが、なかなか改善されません。
ここでホ・オポノポノを実践してみます。
これは「彼はいつも遅刻をするという」過去の情報が再生されて起こっている。この問題の責任は自分にあると考えます。
「一体、自分の潜在意識の中のどの情報が原因で彼が遅刻をしてしまうのだろうか?」と問いを持ち、「ごめんなさい」「許します」「ありがとう」「愛してます」と心の中で唱えます。
この作業を「クリーニング」といいます。

すると、彼の遅刻がなくなり、問題解決。
面白いのが自分以外の人の事も、自分に問題があると考え、ホ・オポノポノをすることで自分以外の人の行動に変化があるという点です。

これは、色々な問題を解決できる方法ではないでしょうか。
売上不足も病気も、精神的な問題もホ・オポノポノで解決できそうです。


興味のある方は是非、本を読んでみてください。


「ごめんなさい」「許します」「ありがとう」「愛してます」

今日はここまで。

ありがとうございます。


スポンサーサイト

<<溢れ出る店長のひとりごと~ツイてるblog~返事>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム