店長のひとりごと~ツイてるblog~ > おすすめ > 公衆トイレを磨く

2009-11-26-23:11 おすすめ

公衆トイレを磨く

こうしゅうべんじょ【公衆便所】
公衆便所(こうしゅうべんじょ)とは、公衆トイレとも呼ばれ、使用者を特定せずに、広く一般に開放されている共用便所(トイレ)である。


私は数年前にトイレ掃除をすると臨時収入が入ると聞いてから自宅やお店のトイレを掃除するようになりました。トイレ掃除を終えた時、とても気持ちの良いものがあります。

しかし、公衆トイレを磨くことをなかなか出来ないでいましたが、11月22日に米沢の「上杉神社」に行ったときの事です。
うちの子供が「トイレ(大)に行きたい」というので公衆トイレを探して歩き、駐車場側のトイレを発見。
3つあるトイレ(大用)のうち2つがとても汚い状態でした。幸いに一番端のトイレだけがきれいでしたので、そこに子供を入れて外で待っていました。

その汚れている2つの和式トイレが気になってきます。
「きれいにしたい」という気持ちが高まり、トイレに駆け込みました。

もちろん、そうじをしに上杉神社まで来たわけではないので道具なんてありません。あるのはふたつの手とトイレットペーパーだけです。

腕まくりし、トイレットペーパーを巻き取り便器からはみ出している"それ"をゴシゴシとこすり始めました。これがなかなか手ごわい。
しばらく誰もそうじをしていないのか、なかなかとれない。
必死にこすっていると少しずつですが、きれいになっていく。

始めは「これをきれいにすると、臨時収入がある」っていう下心でそうじをしていましたが、気付くときれいにすることだけを考えていました。

一つ目をピカピカにして、気持ちよくトイレを出ると、やっぱり隣のトイレの汚れが気になります。

もちろん、もうひとつも素手とトレットペーパーでピカピカにすると、何とも言えない爽快感があります。

トイレもスッキリときれいになっていますが、一番スッキリしたのは私の心だったかもしれません。

公衆トイレを磨くなんて事を考えたこともなく、さらに道具もないのにそうじはできないということなど、そういう執着がトイレの汚れと一緒にきれいになったような気がします。


とにかく気持ちが良かったです。


今日はここまで。


ありがとうございます。
スポンサーサイト

<<お酒店長のひとりごと~ツイてるblog~委ねる>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム