店長のひとりごと~ツイてるblog~ > スポンサー広告 > 花粉症のココロ③

店長のひとりごと~ツイてるblog~ > おすすめ > 花粉症のココロ③

-----------:-- スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-10-23:30 おすすめ

花粉症のココロ③

またまたつづきです。

最後は胃腸型です。




3、胃腸型

食べすぎをきっかけに鼻炎症状が出るタイプです。先ほどから言っていますように、カラダは冬型から春型へと移行する季節。冬が腎臓なら、春は肝臓の代謝機能力が上がる季節でもあるのです。胃腸で吸収された食べ物は、腸のまわりの毛細血管に取り込まれて、すべてがいったん肝臓に送られます。肝臓では、胃腸から取り込まれたすべての栄養分が加工され、代謝され、それが体循環に乗せられて、体のすみずみまで運ばれるわけです。

ところが、肝臓が何らかの理由で代謝能力を上げず、送られてくる食べ物を上手に処理できない場合、「ちょ、ちょっと待ってくれー」とサインを送ります。そのサインを受け取ったイチョウでは、胃腸の粘膜を肥厚させ、肝臓が処理しにくい物質に対して、ある種のエネルギー反応を示すようになるのです。

さぁ、これはたいへん。食事のたびに、腸粘膜でアレルギーが起こるようになり、それが全身の粘膜に波及して、鼻粘膜でもアレルギーが起こりやすくなるのです。目のかゆみがひどく、口や耳の中まで痒いような感覚を伴う鼻炎の方、花粉症から肌のアレルギーまで発展してしまうような方は、肝臓さんからのメッセージだと思ってください。

肝臓さんが代謝能力を上げない何らかの理由とは、秋から冬にかけて溜めてきた慢性の怒り、相手の価値観を受け入れない・・・といった心理状態がもたらすことが多いです。

《胃腸型エクササイズ》

とにかく食べ過ぎに注意。ゆっくりとよく噛んで食べることを心がけましょう。慢性的な焦りや欲求不満は、つい食べ過ぎることで解消してしまいがち。冬のカラダは胃も腸も、その容量を抑えています。春になり、少しずつ容量を広げていくわけですが、食べすぎによる急激なふくらみは、胃腸の粘膜に大きな負担がかかります。




以上で花粉症のココロを終わります。

花粉症はカラダの陰陽のバランスの帳尻を合わせようとしている春分の時期に一年のカラダの棚卸をしようとしているようです。
そして花粉症とは、新しいことを受け入れる余裕を少しでもつくっておこうという体の健気な反応なのかもしれません。

今日はここまで。

ありがとうございます。



スポンサーサイト

<<仏舎利塔店長のひとりごと~ツイてるblog~花粉症のココロ②>>

<<仏舎利塔店長のひとりごと~ツイてるblog~花粉症のココロ②>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。