店長のひとりごと~ツイてるblog~ > スポンサー広告 > 花粉症のココロ②

店長のひとりごと~ツイてるblog~ > おすすめ > 花粉症のココロ②

-----------:-- スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-06-23:02 おすすめ

花粉症のココロ②

昨日の続きです。




2、腎臓型

東洋医学的に、冬は「腎」の季節。腎臓は血液をろ過し、浄化する働きがありますよね。腎臓内は毛細血管の塊のようになっていて、そこを通る血液をフィルターにかけ、余分なものを尿にして外へ押し出します。

冬の間カラダは全身が寒さで緊張していますので、血管も収縮気味。腎臓の中も、それに応じた血液の流れになっています。ところが雪解けし、春を迎えると、空気の中にも微生物が多くなります。外部から新しい情報がたくさん入ってきて、血液の流れも盛んになるので腎臓のろ過機能も、より多くの働きを求められます。本来なら腎臓も春の到来にあわせて緊張を解き、春型に移行すべき時期ですが、エアコンにたよったり、またストレスによる慢性的な緊張をしいられている腎臓は春の訪れに気づかず、冬型のまま緊張状態にいるのです。空気にたくさんの情報が含まれる時期に、腎臓がそれに対応できない。

この状況で血液中にいろんなものが入ってこられたら困りますので、カラダは何とか、カラダに余分なものが入らないようにブロックします。そこで選ばれるのが鼻の粘膜。ここを過敏にして、新しい空気をシャットアウトしようとするのです。くしゃみが連続的に起こる、鼻粘膜が肥厚、熱をもったような鼻づまりで頭まで痛くなる。このような症状の方は、鼻炎症状は腎臓さんからのメッセージだと思ってください。

《腎臓型エクササイズ》
背中の下半分、腰周りに緊張があります。腎臓は両肘をおろして、ちょうど背中側に位置していますので、その辺をマッサージするのがよいでしょう。腎臓をかたくする感情は「恐れ」「不安」です。また腎臓は、他の臓器と違って腹膜の外側にあり、それゆえ、非常に不安定に位置しています。くしゃみをすると、腎臓の位置がしっかりと戻る、という説すらあるのです。逆に言うと、腎臓が「恐れ」と「緊張」で、本来の位置からずれやすくなっているということですよね。




面白いですね~

まだ続きます。


今日はここまで。

ありがとうございます。
スポンサーサイト

<<花粉症のココロ③店長のひとりごと~ツイてるblog~花粉症のココロ①>>

<<花粉症のココロ③店長のひとりごと~ツイてるblog~花粉症のココロ①>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。