店長のひとりごと~ツイてるblog~ > 思う > となりのラーメンは気にしない

2009-03-01-22:40 思う

となりのラーメンは気にしない

毎週、火曜日に会議があります。

そこで、課内の担当者が集まって現状の課題などを話し合って解決していきます。

ある、和風ファーストフード担当の話が「問題解決は自分にある」ということを再認識させてくれましたので、ちょっと紹介します。

あるショッピングセンターに入っているお店の隣の店舗がラーメンを始めたそうです。
うちのお店もラーメンを扱っているし、その店舗でのメイン商品のようです。
価格は相手のほうが安い。
その状況に担当は腹を立てているわけです。もともと扱っていないのに、うちと同じ商品をやり始めたこと、そして価格も安く設定していること、それを認めたショッピングセンターの担当者に対してです。

そこでうちの担当はメインであるラーメンの値段を隣より下げて、徹底的に戦うということを熱く語っていました。そして、過激に相手をつぶしすとまでいっていました。恐ろしいですね。
戦うことはむなしいと思いますが・・・・


その場では意見しませんでしたが、後日上長にそっと以下のような内容の意見を伝えました。

ショッピングセンターに文句を言う前に、自店を商品を磨いたほうが得だと思います。
同じラーメンなら自店のラーメンが隣よりもずっと味も見た目の品質も良くて、価格も高ければ相手の商品が安っぽく見えてくるわけで、そこで勝負したほうが最終的にはお店が良くなるわけです。

安売りすれば相手も同じように安売りしてくる。最終的に安っぽさをアピールしているだけで、どんどん体力を消耗いていくだけです。

そして、ラーメンは一日に何食も食べるものでもなく、週に1回くらい、もしくは月に2~3回食べればいいほうです。その商品をお客様は安さで選ぶのかそれとも美味しそうな方を選ぶのか?
そう考えたときに自分を磨いたほうが得です。
両店ともに自分を磨けばいいのに、するととても魅力のあるテナントになるのに・・・・

問題解決の方法は、自分以外のところにあるんではなく、常に自分側にあるのです。

その後、どうなったかは聞いていませんが、多分価格を下げて体力の消耗戦をすることになると思います。そして、お互いにわびしいラーメンを売ることになり、お店全体の魅力低下と繋がることでしょう。

なかなか、このような話をしても理解してくれる人は多くありません。
みんな自分以外の人の何とかしてくれっていいます。
自分が何とかしないと、いつまでたっても同じことの繰り返しになるようです。

常に周りのせいにしないで、自分磨きをしていきましょう。


今日はここまで。

ありがとうございます。



スポンサーサイト

<<倒産しない会社店長のひとりごと~ツイてるblog~怒らずに寛容であれ②>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム