店長のひとりごと~ツイてるblog~ > スポンサー広告 > 和をもって貴しと為す

店長のひとりごと~ツイてるblog~ > > 和をもって貴しと為す

-----------:-- スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-22-23:35

和をもって貴しと為す

前々回に書きましたが、聖徳太子の「日本が沈む日」―秘書『未来記』の真相に聖徳太子が制定したわが国最初の成文法の「十七条の憲法」が載っていました。

名前は知っていましたし、タイトルに書いた文くらいは知っていますが、全文を読んだのもこれがはじめてでした。

少し長くなりますが、第一条をご紹介します。





第一条 和(やわら)ぎをもって貴しと為し、忤(さから)うこと無きを宗(むね)とせよ。人みな党(たむら)あり。亦、達(さと)れる者の少なし。ここをもって、あるいは、君父に順(したが)はず。また、隣里(りんり)に違(たが)う。しかれども上(かみ)和ぎ、下睦(しもむつ)びて、事を、論(あげつら)うに諧(かな)うときは、事理(ことわり)おのずから通ず。何事か成らざらん。

(和ぎを大切にし、さからう心をなくすように心がけよ。人には誰しも仲間があるが、道理を悟っている者は少ない。それゆえ、君主や父に従わなかったり、身近な人と仲違いしたりする。しかし、上に立つ者が和やかで下のものが仲良く意見を述べあえば、自然にものの道理がわかり、すべてのことがうまくいく)




憲法というよりは、心の教え、道徳のような感じがします。

第一条は上に立つ人間(リーダー)にとって、とても大事なことが書かれています。

千三百年前に書かれていることが、現代でも通じるということは、物事の本質・道理というものは今も昔も一緒ということですね。

もう少し、十七条の憲法について書きます。

つづく・・・


今日はここまで。

ありがとうございます。


スポンサーサイト

<<怒らずに寛容であれ店長のひとりごと~ツイてるblog~誰かのために>>

<<怒らずに寛容であれ店長のひとりごと~ツイてるblog~誰かのために>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。