店長のひとりごと~ツイてるblog~ > 思う > 心次第です

2006-11-09-11:08 思う

心次第です

面白い話を見つけました。読んだ後に『そうだったなぁ~』と忘れていたことを思い出しました。

■ 子供の空想に学ぶ

 ある紙面に読者の投稿で、とても興味深いエッセーがありました。小学3年生の長男が発する質問攻めに、うんざりしながらも、大切なことを学んだという内容でした。

 その子が発する質問は、「もし僕が○○だったらどうする?」というものだそうです。とりとめのない空想をして、それを自慢げに質問に置き換えるのです。例えば以下のようです。「もし僕が大金持ちになって豪華なホテルを買ったらどうする?」。
「もし僕がテレビに出ていたギターのうまい男の子とグループ組んで有名になったらどうする?」。

 エッセーを投稿したお母さんは、この質問攻めにうんざりしながらも、あるとき思い出すのです。自分が子供の頃は、もっと非現実的な空想で頭が満ちていたことを。「家でオルガンを弾きながら、『もし今、家の前をあこがれのあのフォークグループのリーダーが通ってスカウトされたらどうしよう?』というように」

 明るい未来は、このようなとりとめのない空想が原点になってもたらされるのかもしれません。目の前に忙しさに忙殺され、心の余裕を失っている親に、子供は質問攻めによって明るい未来を取り戻すきっかけを与えてくれたのです。青春とはある年齢をさすのではなく、心の状態をいうのです。心が空想に満ちていれば、いつまでも青春なのです。

 さらに、次男はこう聞くのだそうです。「お母さんは大きくなったら何になる?」。いくつになっても、なりたい仕事をもつことは大切です。やらされる仕事・やらなければならない仕事ではなく、やりたい仕事をです。
(抜粋ここまで)

私たちの可能性は360度あるはずです。自分で心に制限をしていることの方が多いのではないでしょうか。

『楽しくなくっちゃ、仕事じゃない!』と私は思います。全ては心次第でなんとでも出来ると思います。

ありがとうございます。
スポンサーサイト

<<非日常による日常への感謝店長のひとりごと~ツイてるblog~インプットとアウトプット>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム