店長のひとりごと~ツイてるblog~ > 思う > 笑いと超能力④

2008-11-17-22:58 思う

笑いと超能力④

またつづきです。

どうやら私たちの脳ってほとんど使われていないようです。

ある本によると人間の脳細胞は120億個ほどあるそうです。ところが死ぬまでに使うのは普通の人で15%、優秀な人で25%、天才と言われるひとで40%ほどみたいです。
ということは持っている能力をほとんど使えていないわけです。
使っている能力を「顕在能力」、使っていないのを「潜在能力」といいます。

この使っていない部分の能力(潜在能力)が超能力です。

超能力は先天的なものだけではなく、先日書きましたが十字式の宗癒師のように、訓練すれば誰にでも発揮できる力のようです。

私にも可能性があります。もちろん皆さんにも。

超能力って、例えばESP(extrasensory perception=超感覚知覚)のように、カードなど使って訓練できるものもありますし、比叡山の「千日回峰」のように厳しくつらい修行で体得するものもあります。

「死の前の3分間」というものがあります。

死ぬ直前になって「誰々さん元気かな~」って思うと、時間や空間を越えて会いにいける。
本人はベットで寝ているのに、会いたい人のもとへいって最後のあいさつをしてくる。もちろん相手にもちゃんと見えて会話もしている。だけど、会うはずもないところで急に現れて、急にいなくなる。
死ぬ直前に超能力のスイッチが"ON”なるみたいです。

私が思う超能力とは「思い」が現実になることだと思います。


もう少し続けます。

今日はここまで。

ありがとうございます。




スポンサーサイト

<<笑いと超能力⑤店長のひとりごと~ツイてるblog~笑いと超能力③>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム