店長のひとりごと~ツイてるblog~ > 思う > 笑いと超能力

2008-11-13-22:45 思う

笑いと超能力

今回はサブタイトルを付けたいと思います。

~おやじギャクで大笑いする~

変なタイトルになっていますが、笑いと超能力について色々と妄想が暴走しているので、何回かに分けて書いていきたいと思います。

先日、ある教育テレビの番組がとても興味深い内容のものでした。
「おやじギャクはなぜつまらない」というものです。

しかもそのなぞを科学的に検証していこうというものです。
タイトルはとてもいい加減な感じですが、内容は興味深いものです。

なんでオヤジギャクって面白くないんでしょう?
どうして笑えないんでしょう?

笑うときは横隔膜が震えます。
オヤジギャクを聞いたときにどれだけ横隔膜が震えるかを調べてみました。
面白いの「笑い」について真剣に研究している大学教授がいます。
その方が決めた笑いの単位が【aH】(アーハ)というらしい。細かいところまでは憶えていませんが、横隔膜が何秒間に何回震えると【1aH】だそうです。

結局、オヤジギャグを50個くらい聞いてみたものの大きな笑いにはなりませんでした。

その結果を踏まえて、オヤジギャグがつまらない理由を二つあげています。

①ズレ
②イメージが湧かない

ズレとはいまどきの人たちとズレているということもあると思いますが、笑いってギャグの内容が現実との差があるから面白いんだと思います。そのギャグの中でそのギャップが少ないという意味もあると思います。
イメージが湧かないというのも、このズレと近い感じでいまどきの人にはその言葉の意味すらわからないくらいで、言っていることすら理解できないのでイメージが湧かない=つまらないとなっているんだと思います。

しかし、そのオジギャグを笑える方法があるんです。

ギャグを言う人がする動作をギャグを聞く人が真似します。

例えば、一回手を叩いてから「ワン」って言います。これを真似します。
続いて、2回手を叩いてから「にゃー」と言います。同じく真似をします。

適当にこんな感じで交互に同じ動作を繰り返し行います。
二人が同じ動作をすることになります。

何回か繰りかえし行った後にオヤジギャグを炸裂させます。

「このカレーかれなぁ」

大爆笑です。


だたのオヤジギャグはつまらないけど、同じ動作をしたあとは爆笑です。
何ででしょう?

その答えは「共感」です。
同じ動作をお互いすることで共感が生まれます。
共感することでギャグが面白くなります。

笑いをとりたければ共感することです。

じゃんけんであいこがずっと続くと笑えてきますよね、あれです。共感です。

共感が笑いを生むようです。


まだまだ笑いと超能力は続きます。

今日はここまで
ありがとうございます。





スポンサーサイト

<<笑いと超能力②店長のひとりごと~ツイてるblog~続・痛い>>

コメント

  • おひさしぶりです
  • 289.しぶちゃ
  • 2008年11月14日 |
  • 最近忙しく・・・
    けど思うことも色々あって。

    笑えることは大事ですよね・・・。

    ダンナと今のお笑いのTVみてて
    「これのどこが面白いのか、わからない・・・」ということが多々あって。

    逆オヤジギャグな中年夫婦なのでした。

  • [編集]
  • しぶちゃさんへ
  • 290.てんちょう
  • 2008年11月17日 |
  • おはようございます。
    ご無沙汰しています。
    お元気そうでなによりです。

    私はお笑いが大好きです。

    つまらなくても笑うようにしています。

    超能力を発揮するために・・・(笑)

    また覗いてください。

    ありがとうござます。
  • [編集]

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム