店長のひとりごと~ツイてるblog~ > すてきななはし > 素敵な詩

2007-05-19-11:43 すてきななはし

素敵な詩

先日、新聞や雑誌の切抜きを整理していたら(まだ出来ていませんが)素敵な詩を発見しました!

これです↓

小さな店であることを

恥じることはないよ

その小さなあたなのお店に

人の心の美しさを

一杯に満たそうよ


岡田徹詩集より

素敵な詩ですよね。

この詩はどっかでも見たことがある気がするんですよ。
どこかのレストランのレジの後ろに見かけた気が・・・
忘れてしまいました。

本来お店や商売ってこういうものでなくてはいけないなぁ~って思います。

お店の大きさに関わらず、目の前にいる一人のお客様を喜ばせる、感動させることが大事ですよね。
お店が大きくても小さくてもお客様とお店の関係はいつも一対一ですもんね。

また勉強になりました。



ところで話は変わりますが、今日の仙台は雨です。

今日と明日は仙台では『青葉祭り』が行われます。
街の大通りや公園で『すずめ踊り』で賑わいます。
でも・・・いつも雨です。毎年。

なんでだろう?

何かの意志、神の仕業なのかもしれませんね。

何かを変えなさいって言っている気がします。

でも雨だとアーケード内にあるうちのお店の前を『すずめ踊り』の行列がとおるので楽しみですし、楽しいです。
雨に感謝です。私にとってみたらありがたい天気です。

毎年雨だからお祭りの関係者は『晴れてくれないと困る!』って祈ると思います。これがかえって雨を降らせているかもしれないですね。

毎年、雨にしている神様に文句を言っているのと一緒ですよ。

『晴れにしてくれたら嬉しいな、でも雨でもいいですけど』って祈るといいかもしれませんね。

ちょっとへんな話になっちゃいましたね。


ありがとうございます。


スポンサーサイト

<<読んだ~店長のひとりごと~ツイてるblog~変化は普遍の原則>>

コメント

  • 72.カフェ人です
  • 2007年05月20日 |
  • 私も店が10年目の時に、お客様に「大きな会社でも小さな会社でも10年続けることは大変だっただろう・・」の言葉を今も忘れられません。
    多くの方の暖かい言葉に励まされ、そしてそんな言葉をかけなければいけない年齢になってきました。
    店の存在理由も考えながら・・多くの人たちが癒される空間をご自分の手で守りながらがんばってください。
  • [編集]
  • 73.ちえこ
  • 2007年05月20日 |
  • 何をやるときでも、心がこもっていないといいモノにならないと思います。
    何かの作品を作るときでも、何かやるときでも。
    技術だけでは何かが足りない気がします。
    お店も同じなんですね。
  • [編集]
  • カフェ人さんへ
  • 74.てんちょう
  • 2007年05月21日 |
  •  コメントありがとうございます。
    お店っていいですよね。ここを目的として来てくれていると思うと嬉しいですし、色々な人との出会いがあって。
    私もがんばって癒しの空間作りがんばります。
    ありがとうございます。
  • [編集]
  • ちえこさんへ
  • 75.てんちょう
  • 2007年05月21日 |
  • コメントありがとうございます。
    私も技術だけではダメだと思っています。
    極端な話、技術がなくても心があればうまくいくって思っています。
    ブログもそう思って心で書いています。
    ありがとうございます。
  • [編集]

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム