-----------:-- スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-08-30-22:40 思う

曜日

よう‐び【曜日】
曜の名で表した、1週間のそれぞれの日。すなわち、日・月・火・水・木・金・土のこと。


前回、ここで書きましたが、早朝ひとりで日の出前に山の中にある公園のベンチでボーっと日の出を眺めながら、「今日は何曜日だ?」と思いました。
というのは、昨晩からほとんどテレビも観ていませんし、仕事も休みだったので、何曜日か一瞬分からなくなりました。

その時、曜日ってテレビを観るとき意外があまり必要ないな~って思いました。

もし、このような自然の中で暮らしているなら、曜日はあまり関係ない。
仕事のしないで、自給自足の生活には曜日って必要ないかもしれないではないかなって思いました。

そんなことを思っていても、毎日毎日「今日は何曜日だっけ」って思いながらテレビのチャンネルを変えています。

曜日を気にしないで、暮らせたら素晴らしいな~って思いました。


今日はここまで。

ありがとうございます。

スポンサーサイト

2010-08-29-10:21 不思議なはなし

天体観測

てんたい‐かんそく【天体観測】
天体の位置・運動・光度・スペクトル型・大きさなどの観察・測定をすること。


子供の夏休み最後の土日に薬莱山の麓にあるコテージに一泊してきました。

普段、都会ではないですが便利なところにすんでいるだけに、山の中のコテージに泊まることは子供だけではなく、私もわくわくしていました。
わくわくしている理由のひとつに「星がみたい」ということがあります。

私が住んでいるとこは、マンションなども多いのでとても明るい。それでもまだまだ郊外ですから、星が多く見えます。ということは、山の中に行けば「満天の星空」が見えるのではないかという期待が高まっていました。

コテージ到着し、少し遊んで食事を済ませてから近くの温泉に行きました。そこには、露天風呂があります。前にも一度だけその温泉を利用したことがあるのですが、その時は日中で天気の良いなか大自然に囲まれた露天風呂に感動をしていました。
その記憶があるだけに、早速露天風呂へ行き星を見ようと空を見え下ましたが、なんだかはっきりと見えません。
何でだろうと思ったら、メガネをかけていません(笑)

そこで、こどもに「星みえる?」って聞いてみると、「ほら、あそこに!」とか、「この指がさしているところに大きな星があるよ」とか、説明してくれているのを聞いていると、たくさん見えるようです。

一度出て、メガネを取ってもう一度露天風呂へ。

露天風呂に入り、曇るメガネを拭きながら空を見上げる。頭の中にはブルーハーツの「星をください」が流れていて、「星が見えますか~♪」と口ずさむ。

そこにはたくさんの星空がある・・・と思ったのですが、予想よりは少ない。

というか、お風呂の湯気で見えないので、何度も何度も角度を変え、向きを変え、空を見ていました。


そんな子供との会話や私の行動を見ていた、還暦を越えたくらいの方がが「どこからお越しなんですか?」と声をかけてくださいました。
多分、都会から来て星が見たいんだろうと思って声をかけてくれたのでしょう。
「仙台です」と答えると、期待はずれだったのか一度会話が途切れる。その方も仙台の方でした。

しばらくしてから、話し始めると、どうやらこの方は仙台市の天文台にかかわる方でとても星に詳しい。

天文台にある、望遠鏡からプラネタリウム、来場者の数までかなり詳しくお話してくださいました。

「星が見たい」と思っていたら、仙台市の天文台の関係者に温泉で会う確率ってどのくらいあるのでしょうか?
これは偶然ではなく、必然。とても不思議です。

風呂を出て、コテージへ戻り。少しゆっくりしてから外へ出て、のんびり星を眺めようと思っていたら寝てました(汗)

気付いたら朝の4時46分。既に明るく星は見えませんでした。

しかし、日の出前でとても気持ちよかったので、コーヒーを入れてカップと本とカメラを持ってそとのベンチでボーっとしていました。

朝焼け

星は天文台に行って観ることにしました。

ブルーハーツの「星をください」を聞いてください。感動します。


今日はここまで。

ありがとうございます。






2010-08-28-15:10 おすすめ

徳川家康

とくがわ‐いえやす〔トクがはいへやす〕【徳川家康】
[1542~1616]江戸幕府初代将軍。在職1603~1605。

大将の戒め
大将というものは
 敬われているようで その実家来に
 絶えず落ち度を探られているものだ
 恐れられているようで侮られ
 親しまれているようで疎んじられ
 好かれているようで憎まれているものじゃ
大将というものは
 絶えず勉強せねばならぬし
 礼儀もわきまえねばならぬ
 よい家来を持とうと思うなら
 わが食を減らしても
 家来にひもじい思いをさせてはならぬ
 自分一人では何もできぬ
 これが三十年間つくづく
 思い知らされた家康が経験ぞ
家来というものは
 禄でつないではならず 機嫌をとってはならず
 遠ざけてはならず 近づけてはならず
 怒らせてはならず 油断させてはならぬものだ
 「ではどうすればよいので」
 家来はな 惚れさせねばならぬものよ
           元和二年六月  徳川家康



ついに読み終わりました。
山岡荘八の「徳川家康」全26巻を読破しました。感動です。

山岡荘八歴史文庫は100巻あります。私はそれを1巻から読み続けています。
徳川家康は23巻から48巻までです。

他の本を読みながらだったんで、かなりの時間を要して読み終わりましたが、はやり徳川家康はすごい人物だったんだと感心しました。
読み終わってからこの「大将の戒め」を改めて見てみると、「本当にその通りだ」と納得しますし、家康の人間性がの文章に出ているなと強く思います。

この小説は、家康の誕生から始まっていますので、信長や秀吉も登場してきますし
、戦国時代の一番面白いところが詳細に描かれています。これさえ読んでおけばかなりの戦国マニアになれると思います。
今、同じく山岡荘八の「伊達政宗」を読んでいます。伊達政宗を読むのは2回目になります。というのも、家康を読んだ後に、無性に伊達政宗が読みたくなりました。家康からの見た政宗と政宗から見た家康。これも非常の面白い。しかも、この時代に起きたことはもう知ってるので、どんどん進めて本当に面白いです。

ちなみに、この「小説徳川家康」は昭和23年に書き始めて、書き終わったのが昭和42年の春だったようです。
書く前に準備に2年を要しているので、丸20年かけて書き上げた作品です。
400字詰の原稿用紙で17,400枚にもあります。

確かに、読んでいて長いとは思いました。一巻が約500ページありますから、それが26巻。
単純に13,000頁にもなります。

それほど、内容の濃い素晴らしい本であるということです。



お勧めします。



まずはここから。
歴史の魅力にはまっちゃって下さい。

私も家康に惚れてしまったひとりです。
今日はここまで。

ありがとうございます。

2010-08-15-09:34 こどもと

プールサイド

プールサイド 【poolside】

水泳プールの周囲にある、休息をとったりするためのスペース。


「プールサイドでウォウ ウォウ ウォ♪」

プールサイドといえば、チェッカーズの「あの娘とスキャンダル」を思い出します。



昨日、子供とその友達と山形の「馬見ヶ崎プールジャバ」に行って来ました。

いつもなら子供と一緒に波の出るプールや渓流スライダーなどで、思いっきり遊ぶのですが、今回は友達と一緒でしたのでひとりプールサイドのビーチパラソルの下で、雨を避けて本を読んでいました。

昨日の山形は気温は高いものの、雨が降ったり、晴れたりのめまぐるしく変化する天気でしたが、子供たちはずーッと遊んでいましたので、私はのーんびり本を読んでいました。

とにかくのんびりしていました。ボーっと子供たちが遊んでいるのを眺めたり、本を読んだり。
海パンはいて、ホットコーヒーを飲んでみたり、今までやったことのないプールサイドの楽しみ方を試してみました。

プールサイドでホットコーヒー飲みながら、読書もいいもんですね。


今日はここまで。

ありがとうございます。



2010-08-13-09:13 笑えるはなし

最高!

さい‐こう【最高】
1 地位や高さなどがいちばんたかいこと。「世界―の山」「史上―の競争率」「―幹部」⇔最低。
2 物事の程度が特にいちじるしいこと。また、そのさま。「―におもしろい映画」


12日からお盆休みをいただいていました。
その初日に、奥さんと子供と3人で「トイストリー3」を観にいきました。

あの映画は面白い。
トイストリー1、2も観てましたし、何より私はピクサーの映画が好きです。





しかも今回は3Dで観たもんですから、ストリーの内容も素晴らしいのですが、その映像のすごさに超感動しました。

実は映画館で映画を観ることなんてほとんど無いので、映画館に行くというだけでウキウキで、本気で映画を楽しんでいました。

本当に心にジーンとくる映画で感動して、涙が出ました。最近、涙もろくなっています。
映画が終わると「そんなに感動しなかった~」とうちの息子が泣いてる私に言います。
本当は感動しているのに、照れ隠しで言っているのか、まだ理解できないのかは分かりませんが・・・・

「でも、面白かった!」とは何度も言いながら、本当は感動していたような感じです。

映画を観終わるって、ショッピングセンターのフードコートで食事をしているとき、隣に中学生らしく女の子が3人座ってマックを食べていました。
「○○は平成生まれ?」と私の知らない芸能人らしき人の名前を言って、平成生まれか、昭和生まれかを友達に聞いています。

「平成生まれでしょ!だって二十歳だもん。」
「そっか、今は平成20年だから平成生まれか」
「平成生まれでかわいいのは本物だよね」

となりで聞いていて、笑いを必死の抑えていました。
平成生まれで可愛い人は本物らしい。
昭和生まれの可愛い人は偽物ということにもなります・・・・


「最高の映画の後に最高の笑いをありがとう」って声をかけたくなりました。


今日はここまで。

ありがとうございます。




ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。