2010-06-26-23:13 不思議なはなし

ふざける

ふざ・ける
1 おどけたり冗談を言ったりする。「―・けて怒ったふりをする」
2 子供などがたわむれて騒ぐ。「子犬が―・けて跳ね回る」
3 男女がたわむれる。いちゃつく。「人前もはばからず―・ける」
4 ばかにする。「―・けたことを言うな」


どうやら、ウツ病というのは、ウツ病を持ち込んでくる霊体というものがあり、それが憑くと発病し、離れたときに突然治る病気、という側面があるようです。
もちろん、すべてのウツ病がそう、というのではなさそうですが。


うそでしょう!?って思うかもしれませんが、私も体験しました。

うちの副店長は普段は元気で明るく子ですが、憑依されやすい体質らしいのです。
その子の友達が職場で色々とつらい事があるようで、会って一緒に食事とかしている間、ずーっと会社や上司の悪口を言っているみたいなんです。
不平・不満、愚痴、悪口、文句、泣き言ばかり言っていると、そういうウツの霊が寄ってくるらしく、その友達も肌はボロボロで暗い表情になって、ウツっぽくなってしまっているようなのです。そして、うちの副店長はその友達と過ごした次の日は必ず体が重くなり、調子が悪くなるのです。

私も何度も見ていますが、とても不思議です。たぶん、友達のウツの霊が彼女に憑依したのでしょう。

さらに、面白い事が起こりました。
副店長が早朝にお店に来た時のことです。
私のデスクにデジカメが置いてあります。そのデジカメが「ピコッ!」と光って電源が入ったらしいのです。もちろん電源は“OFF”のままです。この電源スイッチは押して“ON”にするタイプではなく、スライドさせるタイプなので、見てすぐに“OFF”だと分かります。霊のいたずらかもしれません。

そのデジカメで副店長を撮影しました。というのは心霊写真が撮れると思ったからです。
こういう不思議なことが大好きな私は色々やりたくなってしまうんです。
しかし、私には確認できませんでした。「残念だ~」って話しているその時に、「ピコッ!」って私の目の前で電源が入りました。もうびっくりです。しかも、その液晶画面には先ほど撮影して副店長の笑顔が・・・
まさしく、幽霊のいたずらだと思います。

そうやっていると、お店のスタッフで霊感の強い子が休憩に来ます。
そして、副店長を見て「憑いてますね」と明るく言っています。「子供が動物っぽい霊ですね」なんていっています。
見えない私には、それが本当かどうか確かめる手段が無いのでどうしようもありませんが、言われた本人はうれしそうです。体調が悪くて病院に行って病名を言われてホッとするのと一緒だと思います。

ということで、はやりウツの霊体というのは存在するらしいです。

そのあともデジカメは何度も「ピコッ!」ってバッテリーが切れるまで、何度も何度も点いたり消えたりを繰り返していました。

多分、これは故障だと思います(笑)


霊感の強いスタッフが言っていました。
「店長は霊が憑く事はないと思います。霊もこの人についたら色々実験されるってわかってるんだとおもいます(笑)」

ウツの霊体は暗い生き方をしている人に憑くのが好きなようです。
ウツの霊体が嫌いな言葉は「うれしい・楽しい・幸せ・ありがとう・愛している・ツイている・大好き」だそうです。
特に嫌いなのが「ありがとう」と笑顔。
ウツを治したい人はこの言葉言いながら、くだらないダジャレや冗談を言って笑っているような「バカみないな」な生き方をすればいいようです。

そういえば、毎晩こどもと一緒に寝るとき、子供に冗談ばかり言ってます。すると子供に「ふざけるな!」って言われるので、「パパはいつもふざけてるから、これが普通なんだ」って笑って答えると。
「ママ~ここのお父さん嫌だ!」って言われて、また笑っています。

これじゃ、いくら興味があっても霊が寄って来てはくれませんよね。

今日はここまで。


ありがとうございます。



スポンサーサイト

2010-06-24-22:02 ツイてるはなし

電子辞書

でんし‐じしょ【電子辞書】
《 electronic dictionary 》辞書のデジタルデータを内蔵した携帯型の電子機器の総称。


先週、電子辞書を手に入れました。もちろんタダで。

父親が使っていた古い電子辞書をいただきました。
私は辞書が大好きです。だから古くても広辞苑が入っていれば満足です。

何か気になることがあるとすぐに調べたくなる。
新しいことを知りたい欲求が常にあります。
そういう刺激を欲しがっているようです。

だから頭の良い人や知識が豊富な人が大好きです。
頭の良い人や知識が豊富な人の話を聴いているのも大好きです。

高校時代、単純に授業についていいけない私は辞書や広辞苑、イミダスなどを図書館から借りてきて読んでいました。
辞書の面白いところは、私の問いに答えてくれることです。
知りたいことや疑問がたくさんあるので、質問をしたくてしょうがないみたいです。

だから電子辞書は最高に楽しい。

本を読みながら気になる事があればすぐに電子辞書で調べています。

特に歴史小説で出てくる地名や長さの単位(尺・丈・間)などがはっきり理解できると想像も何倍にも膨らみます。

辞書最高!


今日はここまで。


ありがとうございます。



2010-06-22-22:14 不思議なはなし

慇懃無礼

いんぎん‐ぶれい【慇懃無礼】
表面は丁寧で礼儀正しいように見えるが、実は尊大で無礼なこと。また、そのさま。


先週、うちの奥さんが仕事で研修を受けることなり、事前課題というものを一生懸命にやっておりました。

久々の研修や課題、勉強で漢字が書けない、読めないと苦労をしていました。
あまり手伝ってあげることが出来なかったですが、「この漢字なんて読むの?」っと聞かれれば答えるということをやっておりました。

そして、研修前日。最後の課題をやっている時に「慇懃無礼」という漢字が出てまいりました。

私は読めませんでした。大好きな辞書もありません。

そこでバラバラに調べて「インキン」と言うことにしました。不正解なのですが、その時はそうとしか読めなかったので、「インキン」で正解にしました。

そして、翌日。

奥さんは研修に出かけ、私はいつもどおり出勤。
いつもどおりの駅に行き、いつもどおり電車の中で本を読んでいました。

すると「慇懃(いんぎん)」と振り仮名つきで読んでいる本に書いてあるではありませんか!
昨晩の答えあわせが中途半端で不正解のままでいましたので、気になっていたところにちゃんと答えを教えてくれたんですよ、神様が。

「間違ってますよ。正解は『いんぎん』って読むんですよ」って神様がちゃんと答え合わせをしてくれた。

すぐに本を閉じ奥さんに正解をメールしました。

私たちの質問にちゃんと神様は答えてくれているようです。

だから、神様におまかせてうまくいくような気がします。


今日はここまで。


ありがとうございます。

2010-06-20-15:49 思う

成道会

じょうどう‐え〔ジヤウダウヱ〕【成道会】

釈迦(しゃか)の成道の日を記念して行う法会。



6月6日は快晴でした。昨日の雨とは打って変って雲ひとつないいい天気でした。
私は若干、昨晩の酒が残っていましたが、こども運動会を見られるということでテンションが上げっていました。

実はちょっとした実験をしていました
こどもの持つ潜在能力を発揮させて足を早くしようと言うものです。
うちの子はもともと足が速いのですが、最近太り気味にだんだん遅くなってしまっていました。
練習ではいつも6人中5番目にゴール。
そこで何とか1位とは言わず、4位が3位になって欲しいと思っていましたし、本人ももっと足が速くなりたいといっていたので、ある秘策を思い出しやってみることにしました。

それは「5分間暗示法」で意識変革をするというものです。

詳しくは↓


子供の心を正しい方向へと向け、脳の働きを上手に引き出す方法です

この「5分間暗示法」で「出来ない」とか「無理」って思っているマイナスを打ち消すことや、苦手意識の改善、好き嫌いを無くすこと、癖やさらに病気まで治すことが出来るようです。

毎晩、子供が寝入りばなにまぶたがぴくぴくしている時に耳元で暗示を入れます。
「パパとママは○○ちゃんが大好きです。」まずは愛しているということをしっかりと伝えます。
「○○ちゃんは足がどんどん速くなります。」「運動会で1位をとれます」と暗示を入れます。

「5分間暗示法」を一ヶ月くらい前から、出来るときに行っていました。

として本番。男子の8組目の3コース。
2種目も前からベストポジションで奥さんをカメラを構えて待っています。

「位置について、よーい。ドン!」
スタットはビリ。第一コーナーを曲がるときには5位。その間、私は一眼レフのカメラで子供を追っかけながら、シャッターを切りまくっています。

最後の直線で、目の前の子を抜いて4位でゴール!!
やりました!1位にはなれませんでしたが、練習のときよりひとつ順位をあげることが出来ました。
「5分間暗示法」の効果かもしれません。もう少し実験をしてみますが、効果はあると思います。
子供の潜在能力を引き出しただけですので、がんばってのはやはり子供です。
めちゃめちゃ褒めて何度も写真で振り返って褒めました。

2010年6月6日は私の35歳8ヶ月にあたり、何かが起こるのではないかと期待をしながら運動会に参加していました。
ここまでほぼ予定通りで、5日土曜日が雨になり、6日は快晴なり延期になること。6日は奥さんが仕事のはずだったが、急遽休みが取れた。子供が徒競走で順位を上げた。と私の思っていた通りになっていました。

そして、もうひとち思っていたことがあります。

それは、運動会の最後を飾る「地区対抗リレー大人の部」で、私が何かをやらかす予感です。
それはアンカーを任されることなのか?最後に抜かれてびりになるのか?それとも、怪我でもしてしまうのか?
珍しくマイナス思考のままついにそのときが来ました。

いつもよりも入念に準備運動をしていましたが、太ももに若干の違和感を感じていました。
「やばいな~」「途中で足が痛くなっても最後まで走ろう」って心で決めながら太ももに「ありがとう」っていいながらマッサージをしていました。

私は予定通りアンカーを託されました。
運動会のメインイベントですので、出場選手は名前をコールされ、町内の皆さんの声援を受けながらグランドを1周しスタートラインに着きます。

「バン!」とスタートの音が鳴り、各地区の代表が走り始める。トラックの周りには大人も子供も大きな声で声援をしていますが、私には聞こえません。平常心ではないのでしょう。その証拠に自分のチームが転んでくれとか、ビリでアンカーの私まで渡してくれなんて、普段では思わない弱気なことを思っていました。

そのときで、第二走者が転びました。思ったとおりになって少しホッとしている自分がいます。

そして、ついに私が走る番になりました。5位でバトンを受け取り、走り始めます。ひとりに抜いてコーナーへ。
「痛い!」
思った通りです。両足の太ももに痛みが走り、思ったように足が動きません。
必死のもがくように走って結果的に一人に抜かれて5位でゴール。

ゴールしたまま、動けません。ゆっくり足を動かすのが精一杯です。
負けてしまったし、皆さんに申し訳ないという気持ちがあったのですが、「しょうがない、これが俺の運命だ」って心のなかでつぶやいている自分がいます。

結果、自分が思って通りになっていました。思い通りにならなかったのは、軽い肉離れをした両足だけです。

走る前に「ありがとう」って足に言っておいてよかったです。「ありがとう」って言ったいたので、切れないようにがんばってくれたんだと思います。おかげ様で病院にもいかずにすみましたし、3、4日で普通に歩けるようになりました。


ということで、私の35歳8ヶ月は釈迦のように「悟り」を開くことも無く終わりました。

これも私の運命で、私の素晴らしく楽しい人生。

って、心から思えた一日になりました。


今日はここまで。


ありがとうございます。

2010-06-12-16:24 思う

6月5日

6月5日_(旧暦)
旧暦6月5日(きゅうれきろくがついつか)は旧暦6月の5日目である。六曜は仏滅である。


私の35歳8ヶ月にあたる、6月6日の前日は6月5日。

今年の6月5日(土)は息子の運動会でした。
そして、高校時代一緒に野球をしていた友人の結婚式も同じ日に重なっていました。

もちろん、どっちを優先するかとをいうと息子の運動会ということになります。

息子は3年生ですので、出る競技は午前中に終わります。もっとも楽しみしている徒競走が終わったら、着替えて結婚式に行く予定でいました。

友人の結婚式に野球部のみんなで余興をやることとなっていました。5月の連休に我が家で打ち合わせをしていましたが、当日最終打ち合わせと練習を朝からやるので会場には10時集合となっていました。
5日は運動会があるので、その打ち合わせには出られません。もしかしたら、披露宴にも間に合わないかもしれない。そのくらいに時間に行くことにしていました。

土曜日が雨になれば、運動会は延期で6日になり、余興の練習もいけるし、披露宴にも間に合う。
雨にあればいいなぁ~って思っておりました。

その週の仙台はとても天気が良かった。ずーっと快晴が続いていました。月曜日の段階で土曜日の予報は晴れ。
火曜から木曜日までずーっと晴れ。金曜の夕方ににわか雨の予報がでていましたが、土曜日は晴れの予報。
金曜日の夕方には雨が降らず、天気予報を見ると土曜日は曇りになっています。

そして、土曜日の朝。外を見ると水溜りがあります。
天気予報が外れて、雨になりましたが・・・

やった~俺ってツイてる!


しかし、朝6時には花火が上がりました。
やるようです。

こどもは喜んでいますが、外は雨。ネットで予報を見ると今日はずーっと雨。

でも、学校から来る連絡は「運動会は開催します」というものです。
そのまま中止であれば、私の予定通りでしたが、そう簡単にはいかないようです。

お弁当を持って、運動会には必要の無い傘をさしてグランドに行ったときに放送が流れます。

「今日の運動会は中止にします」

9:15の出来事でした。

ということで、運動会は日曜日に延期になりました。


続きます。


今日はここまで。


ありがとうございます








2010-06-08-23:24 思う

6月6日

6月6日(ろくがつむいか)はグレゴリオ暦で年始から157日目(閏年では158日目)にあたり、年末まであと208日ある。


釈迦の誕生日は4月8日。これを灌仏会(かんぶつえ)、花祭と言います。
王子として裕福な生活をしていた釈迦は29歳の時に出家します。
そして、35歳の12月8日にピッパラ樹の下で悟ったのです。これによって釈迦は悟った者(覚者)、すなわち「ブッダ(仏陀)」になったのである。この日を成道会(じょうどうえ)と言います。

釈迦は4月8日に生まれて、35歳8ヶ月で悟った。

「3・5・8」は聖なる数字です。
この数字には不思議な力があるようです。

私は1974年10月6日生まれ。
2010年6月6日は、ちょうど35歳と8ヶ月でした。

私はこの日に悟ることが出来たのでしょうか!?

つづきは次回。


今日はここまで。

ありがとうございます。

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム