2009-11-30-23:30 不思議なはなし

いただきます

いただき‐ます【戴きます】
[連語]食事を始めるときのあいさつの言葉。
いただきますは、日本における食事前の挨拶である。「もらう」や「受ける」の謙譲語。食事を作った人と食材を作った人への感謝を表す。


今回の話は以前このブログでも書きましたが、カレーを食べたいと思ったいたのですがなかなか食べられなくて、結局帰宅したら夕食にカレーが用意さていていたという話と似たような話です。

そのカレーの一件があったのが、10月の終わり頃。

そのちょうど一週間後、帰宅中に携帯が鳴り、出てみるとうちの子供からで「帰りにファミチキを買ってきて」という電話でした。
自宅マンションに一番近いファミマに寄ろうと思いとぼとぼ歩いていると、突然「おでんが食べたい」と思い、買って帰ろうかと思いましたが家に帰れば食事が用意さているので、キチンだけ買って帰りました。
玄関を開けるといい匂いがします。
そうです。その日の晩御飯は「おでん」でした。

ふっと思ったものが用意されている。カレーの時と一緒です。


それから一週間。

平日の夜、18時ころお店の近くをうちの副店長と配達の食器を回収しに行った時のことです。
商店街を歩きながら「お腹が空いたな~」って思っていたら、近所にある行列のできる鯛焼き屋さんの前を通りかかりました。ふっと、鯛焼きが食べたいと思いましたが、私はお金を持ってきていませんので、一緒にいた副店長に「お金持ってきた?」と聞きましたが「持ってきていません」ということで、鯛焼き屋の行列を横目で眺めならが諦めて通り過ぎました。

回収も無事終えてお店に戻ると、その副店長の彼(お店のOB)がお店に遊びに来るという連絡がはいりました。

しばらくして、彼が事務所に来ました。その右手には白い大きな紙袋。その紙袋には、赤い鯛の絵がかかれています。そうです、さっき買うことが出来なかった「鯛焼き」です。

見事、食べたかった鯛焼きをいただくことが出来ました。

不思議ですね。

食べたいと思うものが、手に入る。しかも、自分で買ってきたりするのではなく誰かが用意してくれる。

なぜそうなるのかはわかりませんが、ずーっと思っているというより、ふっと思うほうが用意してくれる率が高い気がします。

もう少し実例を集めて検証してみます。

今日はここまで。


ありがとうございます。

スポンサーサイト

2009-11-28-23:19 笑えるはなし

お酒

お-さけ【お酒】
酒とは、エチルアルコールを含んだ飲料のことである。


私は普段ほとんどお酒を飲みません。
若い頃、20才くらいまではよく飲んでいましたが、仕事が忙しくて飲む時間がなくなり、さらに飲むと眠くなるので時間がもったいなくなり飲まなくなりました。

最近では、疲れすぎて「ボーっと」したいときに軽く飲む程度です。それでも月に数回あるかないかです。

先日、寝ていたら突然のどが痛くて起きました。
風邪の初期症状だと思いますが、あまりにも痛くて目が覚めてしまいました。

起きると同時に「酒」という文字が閃きました。
酒を飲むと治るという意味だと思い、キッチンにある料理するときにうちの奥さんが使っているお酒(清酒です。料理酒ではありません)を探し出し、湯飲みに30~40㏄入れて電子レンジで温めて熱燗にして少しづつ飲んでみました。

すると不思議とのどの痛みが治まり、体も火照ってきたのですんなり眠る事が出来ました。

2日~3日間くらい続けているうちに日本酒が美味しく感じてきました。
このままお酒好きになるかもしれません。

そもそもお酒を飲まなかった理由に、お店の営業時間が22時までで、何かあったら自宅から車で行かなくては行けないということでお酒を飲まなかった。
もうひとつは、子供が小さくて熱が出たとかで車で病院に行くときが何度もあったので飲まないでいたというわけです。

そう考えるとお店のことも子供のこともおかげさまで落ち着いたので、家でお酒を飲むことができるようになったということかもしれません。ありがたいことです。

「酒は百薬の長」
適量飲むことは健康にも良いようです。

「酒は百薬の長」とは、中国王朝の一つである前漢の歴史書「漢書」の
「食貨志第四下」に出てくる言葉のようです。

この言葉にはつづきがあります。

「酒は百薬の長、されど万病の元」

この言葉が日本に伝わったあとに、「徒然草」の中で吉田兼好は、
「酒は百薬の長(ちやう)といへど、萬(よろず)の病は酒よりこそ起(おこ)れ」
と表現したみたいです。

飲む過ぎると、万病の元だということです。
百薬に対して、万病なので100倍です。
とにかく過ぎるのは良くないということですね。

飲みすぎるとこうなっちゃうという落語を紹介します。

十代目金原亭馬生(きんげんていばしょう)
【親子酒】






今日はここまで。

ありがとうございます。

2009-11-26-23:11 おすすめ

公衆トイレを磨く

こうしゅうべんじょ【公衆便所】
公衆便所(こうしゅうべんじょ)とは、公衆トイレとも呼ばれ、使用者を特定せずに、広く一般に開放されている共用便所(トイレ)である。


私は数年前にトイレ掃除をすると臨時収入が入ると聞いてから自宅やお店のトイレを掃除するようになりました。トイレ掃除を終えた時、とても気持ちの良いものがあります。

しかし、公衆トイレを磨くことをなかなか出来ないでいましたが、11月22日に米沢の「上杉神社」に行ったときの事です。
うちの子供が「トイレ(大)に行きたい」というので公衆トイレを探して歩き、駐車場側のトイレを発見。
3つあるトイレ(大用)のうち2つがとても汚い状態でした。幸いに一番端のトイレだけがきれいでしたので、そこに子供を入れて外で待っていました。

その汚れている2つの和式トイレが気になってきます。
「きれいにしたい」という気持ちが高まり、トイレに駆け込みました。

もちろん、そうじをしに上杉神社まで来たわけではないので道具なんてありません。あるのはふたつの手とトイレットペーパーだけです。

腕まくりし、トイレットペーパーを巻き取り便器からはみ出している"それ"をゴシゴシとこすり始めました。これがなかなか手ごわい。
しばらく誰もそうじをしていないのか、なかなかとれない。
必死にこすっていると少しずつですが、きれいになっていく。

始めは「これをきれいにすると、臨時収入がある」っていう下心でそうじをしていましたが、気付くときれいにすることだけを考えていました。

一つ目をピカピカにして、気持ちよくトイレを出ると、やっぱり隣のトイレの汚れが気になります。

もちろん、もうひとつも素手とトレットペーパーでピカピカにすると、何とも言えない爽快感があります。

トイレもスッキリときれいになっていますが、一番スッキリしたのは私の心だったかもしれません。

公衆トイレを磨くなんて事を考えたこともなく、さらに道具もないのにそうじはできないということなど、そういう執着がトイレの汚れと一緒にきれいになったような気がします。


とにかく気持ちが良かったです。


今日はここまで。


ありがとうございます。

2009-11-24-22:51 思う

委ねる

ゆだ・ねる【委ねる】
処置などを人にまかせる。また、すべてをまかせる。「全権を―・ねる」「運命に身を―・ねる」

私は意外と時間に正確な方なんです。時間通りに事を運びたいタイプ。だから基本時には時間には厳しい方。
うちの奥さんは私と正反対です。

家族で出かけるとき「明日は○時出発ね」と言ってもその時間に出発することはまずない。
すると私は約束の時間通りに動きたいほうなので、イライラしてします。
結局10分くらい遅れて出発することになる。

そういうのがとても嫌でした。

しかし、過去を振り返ってみてもうちの奥さんが出発時間通りに出発できなくても、何かに遅れたことは今まで一度もありません。

新幹線や飛行機のような決まった時間に乗らなければいけないものでも、出発時間や集合時間に10分くらい遅れても必ず予定通りの便に乗れました。
子供の発表会などの行事でも私だけ先に行っていますが、奥さんが来る頃がちょうどいい時間になっていました。

なので、ちょっと遅れたってイライラしないことが肝心のようです。すべて丁度良くなっているみたいです。
でも毎回、予定通りに行かなくてイライラする未熟者の私がいます。

ゆっくり考えてみると、遅れたくない(5分前行動をとりたい)という私の性格から余裕をもった出発時間や集合時間を考えて、「明日は○時に出発」と決めているのは私です。その私が決めた予定通りに動いてくれない奥さんにイライラしているのは、自分が悪いだけって思うようになりました。

今までだってそうだったように、奥さんに任せておけば丁度良くなっているわけだから、すべてを手放して身を委ねようっと思ってもなかなか出来ません。

はやり、自分でコントロールしたいという思いがあるようです。

もう少し修行が必要ですが、間に合う間に合わないということも運命にだと思い、その運命に身を委ねていこうと思っています。

今日はここまで。

ありがとうございます。

2009-11-23-15:45 ツイてるはなし

炊飯器

すいはん‐き【炊飯器】
飯を炊くのに用いる、電気釜(がま)・ガス釜など。


我が家の炊飯器が先々週に突如故障しました。
ごはんを炊いている途中、まさに最後の圧力をかけるところなんでしょうか、炊飯器から湯気が出始めた瞬間に「ピーッ、ピーッ」て鳴り始めて炊飯器のスイッチが切れてしまいました。

何を押しても「ピーッ、ピーッ」は鳴り止みません。エラー表示が「E09」と出ています。仕方がないのでコンセントを抜きました。すると炊飯器の悲鳴は納まりましたが、ごはんが炊ける一歩前で芯が残っている状態になったままになってしまいました。

そのごはんはチャーハンにして食べましたが、炊飯器はどうすることも出来ません。

早速、エラーメッセージ「E09」をHPで取り説をダウンロードし確認すると
「故障です。販売店へお持ちください」と書かれています。

我が家というよりもうちの奥さんはものをとても大事にする人で、炊飯器もとてもきれいに使っていました。見た目のまだ新品に近い状態です。なのに故障って思いましたが、仕方がありません。早速、炊飯器を買ったヤマダ電器で行きました。

故障受付に行き事情を説明すると受付の店員さんも我が家の炊飯器がとてもきれいなので、「まだ保障期間内ではないですか?」といってくれましたが、もうすでに2年以上使っているので保障は切れていると伝えたのですが、わざわざポイントカード番号から購入履歴まで調べてくれました。

ここからツイてる話です。

炊飯器を修理に出した時「仲介手数料」を2,000円ヤマダ電器に支払いました。そして、修理代が発生した場合さらに追加で料金を払うわけです。
2,000円払うとき、「近所の家電修理専門店に出せば仲介手数料は出さなくてすんだのかな?」って一瞬思いましたが、「まぁいいやっ」と諦めました。

すると「炊飯器ないと困りますよね」と店員さんに言われ「そうですね」と私。

「ではこちらをお使いください」と代替炊飯器を貸してくれるじゃないですか~
「ありがとうございます。助かります」と炊飯器を借りて帰りました。

それから2週間。ヤマダ電器から修理完了の電話が留守電に入っていました。
メッセージが途中で切れていたため「修理代は無料」ということだけは聞き取れて、2年もなっているのに修理代が無料になっているというものツイてると思い、炊飯器を取りに行きました。

代替炊飯器を返却し、修理が終わった我が家の炊飯器を受け取り帰ろうとしすると、店員さんが最初に払った2,000円を返金してくれました。どうやら仲介手数料ではなく、預かり金だったようで2,000円バックされました。これまた勘違いでしたがツイてます。

炊飯器も直ったし、2,000円も帰ってきたしさらに修理代は0円。ツイてるなと思いながらごはんと炊こうと炊飯器を開けると、な、なんと中の釜が新品になっています。

釜が壊れていたわけではなく、電気系のトラブルだったので釜には関係ないはずですが、釜が新品に交換されていました。

これはまたまたツイてます。

我が家の炊飯器の釜はテフロンのようなもので加工されているのですが、その釜で米を研ぐもんだからそこの部分の加工が剥がれていました。

いつもきれいにしていたから中の釜が不釣合いに感じたのか、メーカーさんが交換してくれたようです。しかもただで。

きれいに大事に使っているといいことがあるんですね。
本当にツイてました。






今日はここまで。


ありがとうございます。

2009-11-15-17:00 すてきななはし

相性その3 補完関係

ほ‐かん【補完】
[名](スル)不十分な部分を補って、完全なものにすること。


相性の最後は「補完関係」です。

「やすらぎの相性」の数値が低いからといって悪いわけではありません。

例えば夫の方が「024」が出てきて、妻の方が「135」が出たとします。すると「やすらぎの相性」は0です。でも「012345」とお互いに持っています。これが「補完関係」です。

同じものを持っている夫婦は安らぎますが、その代わりあまり成長はしません。
成長が必要な人は補完関係の方が高く、やすらぎが低くなっているらしい。
成長する必要がないから、内側でエネルギーを外に向けて使いなさいということらしい。そういう意味では2人でいるとやすらぐのですが、お互いバラバラの生き方をするようです。

うちの夫婦の数字を見てみると、私が「146」で奥さんが「1235」です。
並べてみると、
「1123456」となり、見事な「補完関係」になっております。

「補完関係」の人は人たちはお互いにないものを持っていますから、この2人が力を合わせて自営業などをやっていくと、とても良いお店が出来るようです。

私たち夫婦は喫茶店でもやるのがいいみたいです。
私はコーヒー豆にこだわり、奥さんは雰囲気にこだわる。「コーヒーがうまければいい」という意見と「味より雰囲気だ」という意見を互いにぶつけなら成長していくという「シナリオ」をお互いが決めてきたということみたいです。

偶然に成り立っているのではなく、あらかじめちゃんと計画されていた「シナリオ」どおりということのようですね。

「やすらぎの相性」が良いとか悪いとかではなく、お互いの関係を見直してるというのが大事ですね。


今日はここまで。


ありがとうございます。




2009-11-14-09:29 ツイてるはなし

相性その2 やすらぎ

やすらぎ【安らぎ】
穏やかなゆったりとした気分。

夫婦の相性の話です。

先日、同じく小林正観さんの本を読んでいたら、『やすらぎの相性』というのが載っていました。
そこにはこう書いてあります。

『誕生日の月と日を足し算と引き算をしてください。そうすれば『やすらぎの相性』がわかります。』

単純に月と日を足したり引いたりすればいいのです。引き算するときは大きいほうから小さいほうを引きます。そして、その数字が出たら小さい順から並べ替えて相性をみます。

私の誕生日は10月6日ですので、10+6=16 10-6=4 なので、並べなおすと146となります。
うちの奥さんは4月19日生まれですので、4+19=23 19-4=15で1235となります。

146
1235

1だけが一致しているので、2/7で『やすらぎの相性は28.5%ということになります。

例えば11月9日の誕生日と11月11日誕生日だと
11+9=20 11-9=2 11+11=22 11-11=0
022と022なので100%ということになります。

100%というのはでほとんどいないそうです。ちなみにこの100%の相性は小林正観さん夫婦の誕生日です。すごいですね。

この相性というのは平均が50%ではありません。50%だったらかなり高いほうです。平均的な夫婦は15%~20%くらいのようです。

30%の相性だとすると二人の間に70%の溝があるということ。それを「35%づつ歩みよりなさい」という意味で一緒になりました。自分の我が強いので、「この相手を選ぶことによって、お互い我を削りなさい」という意味で結婚することになったようです。

シナリオどおりのようですね。

次回は「補完関係」について書きます。

今から子供の「学習発表会」に夫婦揃って行ってきます。


今日はここまで。

ありがとうございます。






2009-11-12-23:19 不思議なはなし

相性

あい‐しょう【相性/合(い)性】
1 男女の生まれを暦の干支(えと)や九星などに当てて相生(そうじょう)・相克を知り、二人の縁を定めること。



先日、以前同じ会社で働いていた仲間が東京に異動になるということで、あいさつをしに来てくれました。彼女は黒に白のストライプの入ったスーツを着ていました。

ちょうど私も同じ、黒に白のストライプの入ったスーツを着ていました。

以前、小林正観さんの講会に行った時に
「今日この会場で上下同じ色の服をしている人は宇宙的にとても相性がいいということですよ」
という話をされていました。

そういえば、東京に異動になるその彼女とはとても相性がいいんです。その日スーツもそうですが、誕生日大全という本に365日の誕生日すべてに「恋人」や「友人」、「力になってくれる人」「運命に人」「ライバル」などになる人の誕生日が載っています。

私の誕生日は10月6日で彼女の誕生日は4月2日です。なんとこの本ではお互いが「運命の人」の欄にお互いの誕生日が載っているのです。

さらに、私のお店の誕生日(グランドオープン日)が4月2日で彼女の誕生日と一緒。
とても不思議です。偶然というよりは何かの仕業なきがします。

神様はいると思います。

「神秘」とは神様の秘め事と書きます。

神様は世の中に神秘的なことをたくさん散りばめているようです。


次回は「夫婦の相性」について書きます。



今日はここまで。


ありがとうございます。

2009-11-10-00:22 こどもと

九九

く‐く【九九】
1から9までの数を互いに掛け合わせた数の一覧表。また、その唱え方。「一一(いんいち)が一」から「九九(くく)、八一」まで。


うちの小学2年生の息子が小2最難関の「九九」で苦戦していると奥さんに聞きました。

私はいつか勝手に憶えるだろうから無理やりやらせて、勉強自体が嫌にならなきゃいいと思っていましたが、流石に授業についていけないのは可愛そうなので、簡単に覚える方法をネットで調べていました。

すると、インド式九九の覚え方を発見しました。
これは子供に教えるというより自分が使えるようになりたいと思いました。

インド式算数という本もたくさん出ていますし、話題になっています。
インドでは19×19まで覚えるそうです。



インド式の九九の覚え方を紹介します。
とっても簡単に暗算が出来るようになります。

たとえば、7x6=42を計算するとき、

左手を開いた状態から、親指を折って1、人差し指を折って2… 小指まで折って5のあと、6で小指を立て、7で薬指を立てます。
このとき、左手は立っている指が2本、折っている指が3本、これが"7"

右手で、同じやり方で"6"を数えます。
このとき、右手は立っている指が1本、折っている指が4本、これが"6"

7x6の答を求めるには、まず、両手の立っている指の本数を合計します。
次に合計した数を10倍します。
両手合わせて3本立っています。だから"30"。この数字をまず覚えます。

その次に、それぞれの手で折っている指の数を掛けます。
左手は3本折っていて、右手は4本折っているので、3x4=12。

さっきの30と、今の12を足して、42になります。
これが7x6の答になります。

面白い覚え方です。

さらに、1の位が5の2桁の数の2乗の暗算方法を紹介します。

例えば、25×25の答えは、
下2桁が25で、(十の位の数)×(十の位の数+1)の答えを、その上にくっつけると、出てきます。
ですから、25×25では、(十の位の数、つまり2)×(2+1)=2×3=6だから、
答えは、625となります。

35×35の場合は、
同様にして、
下2桁が25。
10の位が3なので、3×(3+1)=12
ですから、35×35=1225となります。

これなら、95×95でも簡単に暗算できますね。
5×5=25
9×10=90
なので、9025ですね。

もうひとつ、10の位が1の場合の掛け算の暗算方法を紹介します。

例えば、14×17の場合

(1).掛けられる数と掛ける数の1の位の数字を足します。
14+7=21
(2).それに10を掛けます。
21×10=210
(3).掛ける数と掛けられる数の1の位の数字を掛けます。
4×7=28
(4).(2)と(3)の答えを足すと14×17の答えになります。
210+28=238

私もそうでしたが、算数や数学って「苦手意識」があってどうしてもやりたくないと思ってしまいがちでしたが、こういった数字の面白さを知ってしまうと計算することや暗算が楽しくなりますね。
インド式と日本式の違いは「楽しさ」を教えているところにあるのではないかと思いました。

うちの子にも数字の面白さを教えて、楽しみながら九九を覚えてもらえるとうれしいです。

今日はここまで。

ありがとうございます。







2009-11-07-11:25 思う

無知の知

【無知(むち)の知 】
自らの無知を自覚することが真の認識に至る道であるとする、ソクラテスの真理探究への基本になる考え方。


「勉強すればするほど謙虚になる」と言うことを聞いたことがあります。

まさにそれを日々実感しています。


私は歴史小説が好きで読んでいますが、最近は徳川家康を読んでいます。
歴史書小説は著者によって人物像が若干変化することがありますが、私は徳川家康の考え方に感銘を受けています。
彼が「戦はするな」といったことにより、1590年の徳川家康の江戸入府以来、260年以上外国を侵略せず平和を守りと通しました。
そんな家康に惹かれ、江戸時代に興味を持ち始めました。

それから「江戸しぐさ」というものに出会います。
江戸しぐさとは「江戸思草」と書くことをみると、これは江戸という大都市で平和に生きるために江戸の人々が考え出した思想だということが分かります。

江戸しぐさの本を二冊ほど読んでいると、江戸しぐさの根底には「陽明学」「朱子学」があることを知ります。

儒学、四書五経、陽明学、朱子学・・・

儒学とは、中国古代の儒家思想を基本にした学問。孔子の唱えた倫理政治規範を体系化し、四書五経の経典を備え、長く中国の学問の中心となった。自己の倫理的修養による人格育成から最高道徳「仁」への到達を目ざし、また、礼楽刑政を講じて経国済民の道を説く。のち、朱子学・陽明学として展開。日本には4、5世紀ごろに「論語」が伝来したと伝えられ、日本文化に多大の影響を与えた。儒教。

四書とは、「大学」「中庸」「論語」「孟子」の4部の書。
五経とは、「易経」「詩経」「書経」「礼記(らいき)」「春秋」。

陽明学とは、中国、明の王陽明が唱えた儒学説。形骸化した朱子学の批判から出発し、時代に適応した実践倫理を説いた。心即理(しんそくり)・知行合一(ちこうごういつ)・致良知(ちりょうち)の説を主要な思想とする。

朱子学とは、中国、南宋の朱熹が大成した新しい儒学。理気説を基本に、人の本性は理であり善であるが、気質の清濁により聖と凡の別があるとし、敬を忘れず行を慎んで外界の事物の理を窮めて知を磨き、人格・学問を完成する実践道徳を唱えた。日本では江戸幕府から官学として保護された。

など調べ始める新たな発見が数多く出てきます。

そして、論語や陽明学について以前買ってあった本を本棚から探し出し読み始めています。


自分の知識なんてまだまだだなぁっと実感します。
無知に近いのではないかと思います。
そうするとまた勉強を始めて、そして無知を知る。

その繰り返しが自分を謙虚にしてくれます。


まだまだ私の勉強は続きます。


今日はここまで。


ありがとうございます。


ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム