2009-04-26-00:01 思う

どんなときでも・・・

久々のブログ更新になります。

先週はなんだか体調も良くなく、忙しいのもあって心にも余裕がない一週間でした。

体調も良くて、仕事も順調で、楽しいときは心にも余裕があり、笑顔で居られます。

その反対に体調も悪い、仕事もうまくいかない、忙しい、時間がない時でも、心に余裕があり、笑顔で居られれる人を人格者と呼ぶのだと思います。

私はまだまだ人格にはほど遠いようです。

大変なときこそ心に余裕を持ちたいものです。



きょうはここまで。


ありがとうござます。
スポンサーサイト

2009-04-19-09:16 すてきななはし

ビールがうまい!

普段、ほとんどお酒を飲まないのですが、イチローが安打数の日本記録を更新した会見で「ビールを飲みます」と言っているのをニュースで見て、自分も飲みたくなりました。

久々に飲むビールはとても美味しいものでした。「うまく搾っているな~」って感じです。


先週一週間は色々と忙しい週でした。
そんな中とても感動する出来事がありました。

4月から学校が始まり、うちのスタッフも授業や就活で忙しくして、さらに社員一名が研修で2週間不在という状態でお店を運営しています。
当日までスケジュールが決まらない日があるくらいです。

こんな状態だからこそうれしいことが次々と起こったので、ビールで一人乾杯をしていたわけです。


夕方の時間帯にひとが居なくて、私ともう一人しか居ない。仕方が無いからこの人数でがんばろうって思っていたら、学校が早く終わったとか、急いで駆けつけてくれたスタッフが4名。
感動です。しかも、「すみません、この時間にしかこれなくて」なんて言ってくれます。
本当泣けてきます。

そして金曜日の夜も人数がた足りないと思っていたらみんなで協力してくれて、いつもどおりに運営が出来るようになりました。

金曜日に入ってくれたスタッフにメールをしました。
「いつもありがとう。本当に助かりました。みんなのおかげです・・・・」

そうしたら次のようなメールが返ってきました。
「みんなお店が好きなんですよ。だから来るんだと思います。お店のことは任せてください。」

本当に涙か出そうでした。うれしかった。

社員が一名居ない、4月で学校が忙しい、就活しているスタッフがいる。そんな状況の中だからこそ、みんなが協力してお店を助けてくれる。
学生の方が私たちより忙しいのに・・・・

本当にうれしかった。心からスタッフに感謝しました。

そして、土曜日にお客様からお褒めの電話が入ったそうです。

うれしいことは続くんですね。


人は感情で動くと思います。

面白かったらやるし、辛かったらやらない。
辛さより、面白さが上回れば動くわけです。
うちの仕事は楽では無いはずです。

その仕事もうちのスタッフのみんなは楽しんでいるのだと思います。
仲間との繋がりだったり、社員との関係もとてもよいものなので、単純に損得感情で得と判断している、そんな気がします。


とにかく、楽しいことや面白いところには人が集まるようです。
本当に素晴らしいスタッフと仲間に支えられて私は幸せ者です。



今日はここまで。

ありがとうございます。

2009-04-17-23:05

運を良くする

本を紹介します。



私の大好きな森田健さんの本です。

かなり面白い本です。


やはり運命は決まっているようですが、自由な部分もあるみたいです。

しかも、この本には運命変更の方法が載っています。

とにかく読んでみてください。


いい本です。


今日はここまで。

ありがとうございます。

2009-04-16-23:33 おすすめ

睡眠時間

先週、こどもと一緒に布団に入り、話しているといつの間にか寝てしまいました。
22:30ころ布団に入ったので、多分寝たのは22:50くらいだと思います。

そして、1:50に目が覚めました。ちょうど3時間です。

風呂も入っていなかったので、本を読みながらゆっくり風呂に入り、出たのが2:20。

起床予定は6:30ので、あと4時間10分あります。20分足りません。(あとで説明します)

仕方が無いので、本を読み始めました。
ちなみに読んでいた本は容疑者Xの献身 (文春文庫)です。

読み始めると止められないのでずっと読んでいました。

本を読むこと1時間。ちょうど3:30になりましたので、寝ました。
もちろん朝は6:30にすっきり起きることも出来ましたし、日中眠くなることもありませんでした。

私は睡眠時間を逆算して寝るようにしています。睡眠時間が短くなりそうなときは特に計算して寝るようにしています。


ひとの睡眠はレム睡眠ノンレム睡眠を約90分周期で繰り返しているようです。

なので90分きざみで起床するとすっきり起きることが出来ます。

3時間、4時間半、6時間、7時間半・・・

中途半端に4時間の睡眠だとかえってすっきり目覚めることが出来ないので、1時間起きていて3時間睡眠にすることですっきり目覚めることが出来るようです。


もちろん、疲れているときはゆっくりと寝たほうがいいと思います。


今日はここまで。

ありがとうございます。


2009-04-15-23:34 ツイてるはなし

眉毛

眉毛から長い毛が出てくることがあります。(皆さんはどうかわかりませんが・・・)
私の左の眉毛から一本だけ長い毛が出ています。

抜かずに切らずに大切に育てています。もちろん理由があります。


どうやら眉毛から出てくる長い毛は「今、死にいたるような病を抱えていません。心臓麻痺にも脳溢血にもならないので、当分死にませんよ」
という体の内側からのメッセージのようです。

だから大事にしています。
と同時に私のカラダは健康であるということです。


だからといって死なないといっているわけではなさそうです。
死にいたる病気を持っていないということで事故に遭うかもしれません。

「眉毛から長い毛が出てくるのは、体の中に死にいたる病を持っていない」ということです。

人間の体には、そういうことを教えてくれる機能があるようです。

今日はここまで。

ありがとうございます。

2009-04-14-23:33 ?

仏舎利塔

ひとには3つの記念日があるようです。

ひとつは誕生日。これはこの世に生まれた日です。
二つ目に命日。仏になった日です。

そして、三つ目は第二の誕生日。

三つ目の第二の誕生日は悟りを開いた開いた日だそうです。

4月8日は釈迦の誕生日です。これを灌仏会(かんぶつえ)といいます。
2月15日は釈迦が入滅した日です。これを涅槃会(ねはんえ)といいます。

そして、釈迦の第二の誕生日は12月8日、これを成道会(じょうどうえ)といいます。
自分の使命や生きる道を見つけるという意味だと思います。


先週の4月8日あたりに釈迦の誕生日のことを考えていたら、仏舎利塔に行きたくなりました。

実家のすぐ側にあるんです。


仏舎利塔①

私の高校もこの仏舎利塔の側にあったので、朝寝坊して行くのが面倒なときに仏舎利塔に行ってのんびりしてから学校に行ったこともありました。

山の天辺にあるので、天気がいいと海まで見えるいいところなんです。

15年ぶりに行ってみると、周りの木々が大きくなっていたので海までは見えませんでしたが、相変わらず静かないいところでした。

仏舎利塔②

とてもいい場所です。お勧めです。


仏教の話ってとても面白いです。
まだまだ詳しくは無いですが、なんかほっとします。

仏舎利塔やお寺ってほっとします。


今日はここまで。

ありがとうございます。


2009-04-10-23:30 おすすめ

花粉症のココロ③

またまたつづきです。

最後は胃腸型です。




3、胃腸型

食べすぎをきっかけに鼻炎症状が出るタイプです。先ほどから言っていますように、カラダは冬型から春型へと移行する季節。冬が腎臓なら、春は肝臓の代謝機能力が上がる季節でもあるのです。胃腸で吸収された食べ物は、腸のまわりの毛細血管に取り込まれて、すべてがいったん肝臓に送られます。肝臓では、胃腸から取り込まれたすべての栄養分が加工され、代謝され、それが体循環に乗せられて、体のすみずみまで運ばれるわけです。

ところが、肝臓が何らかの理由で代謝能力を上げず、送られてくる食べ物を上手に処理できない場合、「ちょ、ちょっと待ってくれー」とサインを送ります。そのサインを受け取ったイチョウでは、胃腸の粘膜を肥厚させ、肝臓が処理しにくい物質に対して、ある種のエネルギー反応を示すようになるのです。

さぁ、これはたいへん。食事のたびに、腸粘膜でアレルギーが起こるようになり、それが全身の粘膜に波及して、鼻粘膜でもアレルギーが起こりやすくなるのです。目のかゆみがひどく、口や耳の中まで痒いような感覚を伴う鼻炎の方、花粉症から肌のアレルギーまで発展してしまうような方は、肝臓さんからのメッセージだと思ってください。

肝臓さんが代謝能力を上げない何らかの理由とは、秋から冬にかけて溜めてきた慢性の怒り、相手の価値観を受け入れない・・・といった心理状態がもたらすことが多いです。

《胃腸型エクササイズ》

とにかく食べ過ぎに注意。ゆっくりとよく噛んで食べることを心がけましょう。慢性的な焦りや欲求不満は、つい食べ過ぎることで解消してしまいがち。冬のカラダは胃も腸も、その容量を抑えています。春になり、少しずつ容量を広げていくわけですが、食べすぎによる急激なふくらみは、胃腸の粘膜に大きな負担がかかります。




以上で花粉症のココロを終わります。

花粉症はカラダの陰陽のバランスの帳尻を合わせようとしている春分の時期に一年のカラダの棚卸をしようとしているようです。
そして花粉症とは、新しいことを受け入れる余裕を少しでもつくっておこうという体の健気な反応なのかもしれません。

今日はここまで。

ありがとうございます。



2009-04-06-23:02 おすすめ

花粉症のココロ②

昨日の続きです。




2、腎臓型

東洋医学的に、冬は「腎」の季節。腎臓は血液をろ過し、浄化する働きがありますよね。腎臓内は毛細血管の塊のようになっていて、そこを通る血液をフィルターにかけ、余分なものを尿にして外へ押し出します。

冬の間カラダは全身が寒さで緊張していますので、血管も収縮気味。腎臓の中も、それに応じた血液の流れになっています。ところが雪解けし、春を迎えると、空気の中にも微生物が多くなります。外部から新しい情報がたくさん入ってきて、血液の流れも盛んになるので腎臓のろ過機能も、より多くの働きを求められます。本来なら腎臓も春の到来にあわせて緊張を解き、春型に移行すべき時期ですが、エアコンにたよったり、またストレスによる慢性的な緊張をしいられている腎臓は春の訪れに気づかず、冬型のまま緊張状態にいるのです。空気にたくさんの情報が含まれる時期に、腎臓がそれに対応できない。

この状況で血液中にいろんなものが入ってこられたら困りますので、カラダは何とか、カラダに余分なものが入らないようにブロックします。そこで選ばれるのが鼻の粘膜。ここを過敏にして、新しい空気をシャットアウトしようとするのです。くしゃみが連続的に起こる、鼻粘膜が肥厚、熱をもったような鼻づまりで頭まで痛くなる。このような症状の方は、鼻炎症状は腎臓さんからのメッセージだと思ってください。

《腎臓型エクササイズ》
背中の下半分、腰周りに緊張があります。腎臓は両肘をおろして、ちょうど背中側に位置していますので、その辺をマッサージするのがよいでしょう。腎臓をかたくする感情は「恐れ」「不安」です。また腎臓は、他の臓器と違って腹膜の外側にあり、それゆえ、非常に不安定に位置しています。くしゃみをすると、腎臓の位置がしっかりと戻る、という説すらあるのです。逆に言うと、腎臓が「恐れ」と「緊張」で、本来の位置からずれやすくなっているということですよね。




面白いですね~

まだ続きます。


今日はここまで。

ありがとうございます。

2009-04-05-15:46 おすすめ

花粉症のココロ①

花粉症の人にとってみればこの時期は大変つらいものです。私もその一人です。

花粉症についてとても面白い資料をいただきましたので、そのまま転写します。

花粉症には3つのタイプがあるそうです。




1、肺型

鼻は肺への最初の入り口。空気は直接、肺に入る前に「鼻腔」という天然の空気清浄機を通って気道へと進みます。鼻腔は冷たすぎると空気を温めたり、乾燥した空気を少し湿らしたり・・・。肺は、五臓の中でもダイレクトに外気に触れる臓器ですので、肺への直接的刺激を少しでも和らげるために、鼻腔で上手に空気を加工し、あまり負担のかからないようにして送り込む役割をしているのです。

春は、冬に比べると空気にたくさんの情報を含むようになります。またその時期は気温のアップダウンも激しいので、鼻腔の調節機能に、かなりの応用力が必要になります。普段から呼吸が浅かったり、胸部や背中上部に緊張を抱えている人は、この応用力がなかなか機能してくれません。

そこで肺は、入り口である鼻腔の段階で「とりあえず水で薄めよう作戦」に出ることになります。鼻水、鼻づまり、つーんとした鼻の奥の感覚と共に、だらだらと鼻水が止まらないような方は、鼻炎症状が肺さんからの、メッセージだと思ってください。一年を通しての呼吸の浅さや上半身の緊張といった習慣が、この時期に、鼻炎という症状で顕著になってしまうのです。

《肺型エクササイズ》
とにかく上半身のこりこりになっている緊張をとりましょう。マッサージや肩・腕の緊張をとる運動、ヨガ。肩口にのしかかっているプレッシャーや焦りといった感情に目を向けることも大事です。




つづく。


今日はここまで

ありがとうございます。

2009-04-04-12:10

腹痛、だけど楽しい

久々の更新になります。

私は食べすぎと添加物がたくさん入っている料理を食べると下痢をします。
仕事しているときは朝食をとりませんが、休みの日は何かと食べ過ぎてしまいます。

先週の土曜日。つい食べ過ぎてしまい、夜に激しい腹痛に襲われました。
こうなるとしばらくトイレから出てこれませんし、何度もトイレにお世話になります。
なので、いつもトイレには数冊の本が置いてあります。

その日は


と雑学の本が一冊置いてありました。

私は夏目漱石の「我輩は猫である」を選択し、腹痛に耐えながら読書を始めました。

この小説は「吾輩は猫である。名前はまだ無い」から始まる有名な本ですが、読んだことがありませんでした。どういった内容なのか、結末はどうなるのか、わくわくしながら読み始めました。

しばらく、読んでいるうちにすっかりトイレにいることを忘れていました。
腹痛もどこへやら。

本を閉じ、トイレから出ようとすると、また腹痛が襲います。

そして、またトイレへ・・・

この繰り返しです。

腹痛は治まりましたが、でもつづきが気になるので、トイレへ。
本をもって部屋で読めばいいのに、トイレで読みたくなります。
あの狭い個室で誰にも邪魔されない空間がとても好きです。


トイレで読書はお勧めです。


今日はここまで。

ありがとうございます。


ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム