-----------:-- スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-02-28-22:04 思う

怒らずに寛容であれ②

2月の中旬は色々と忙しくて、思い通りにならずにイライラすることがありました。

自分の思い通りのしようとするから、思い通りにならなくてイライラするわけ、その思いを無くせばイライラもしないですみます。

しかし、忙しくて自分の心に余裕がないとつい、誰かのせいにしてしまします。
その誰かのせいでイライラしていることにしている自分がいます。

そのとき、聖徳太子の「十七条の憲法」の第十条を思い出します。

「怒らずに寛容であれ」です。

そして、だれもが正しいとは限らない、もちろん自分が正しいとも限らない、だから、相手のせいにしないで、自分を反省をする。

相手のせいにしているよりも、自分のせいにして反省しているほうが成長もあります。

すると、問題の解決方法は自分側にあることに気づきます。

相手のせいにして文句を言っているより、自分がどうすればいいのかを考える。
それが、問題解決になるわけです。
自分をいかに磨くかということです。

自分以外の人や事は自分たちにはどうすることもできません。しかし、自分のことは何とかなるもんです。他人を変えることは出来ませんが、自分を変える事はできます。


この第十条を読んで、私は「問題解決は自分にある」ということを強く感じました。

ちなにみ、この「十七条の憲法」は聖徳太子が生きていた当時には、施行されなかったそうです。
秘伝として伝わり続けていたそうです。



今日はここまで。

ありがとうございます。
スポンサーサイト

2009-02-23-23:38 思う

怒らずに寛容であれ

十七条の憲法のつづきです。

第十条を紹介します。





第十条  こころの忿(いか)りを絶ち、おもての瞋(いか)りを棄て、人の違(たが)うことを怒らざれ。人皆心あり。心おのおの執(と)れるところあり。かれ是とすれば、われ非とす。われ是とすれば、かれ非とす。われ必ずしも聖にあらず。かれ必ずしも愚にあらず。ともにこれ凡夫(ぼんぷ)のみ。是非の理、たれかよく定むべけんや。あいともに賢愚なること、鐶(みみがね)の端なきがごとし、ここをもって、かのひとは、いかるといけども、かえってわがあやまちを恐れよ。われひとり得たりといえども、衆に従いて同じく挙(おこな)え。

(怒らずに寛容であれ。忿(ふん)は心の中の怒り。瞋(しん)は表情に表れる怒り。これらの怒りを棄てて、人の違うことを怒ってはいけない。なぜ怒ってはいけないかというと、人はみな心をもっている。心というものは執着しがちなものである。彼が正しいといえば私は違うというし、私が正しいといえば彼は違うという。私は必ずしも聖人ではなく、彼だって必ずしも愚かであるわけではない。共にいたらぬ凡夫である。どうしてどちらかが正しいと決めることができようか。賢さと愚かさはみんなもっている。ちょうど耳飾りまるく端がないように現れたり隠れたりしている。もし、彼が怒っても、まず、自分を反省せよ。自分が正しいと思っても、まず、皆に従って行なえ。)




長い文でありますが、とても勉強になります。


怒らずに寛容であれ。

みんな違うんだよ、だから受け入れなさいって言っています。

聖徳太子は仏教を日本に広めたことでも有名です。
この十七条の憲法は儒・仏の思想が調和されているみたいです。

この十条を抜粋した理由は「自分を反省せよ」ということが書かれていたからです。

そして、「自分を反省せよ」ということが何回かありました。

詳しくは次回。


今日はここまで。

ありがとうございます。

2009-02-22-23:35

和をもって貴しと為す

前々回に書きましたが、聖徳太子の「日本が沈む日」―秘書『未来記』の真相に聖徳太子が制定したわが国最初の成文法の「十七条の憲法」が載っていました。

名前は知っていましたし、タイトルに書いた文くらいは知っていますが、全文を読んだのもこれがはじめてでした。

少し長くなりますが、第一条をご紹介します。





第一条 和(やわら)ぎをもって貴しと為し、忤(さから)うこと無きを宗(むね)とせよ。人みな党(たむら)あり。亦、達(さと)れる者の少なし。ここをもって、あるいは、君父に順(したが)はず。また、隣里(りんり)に違(たが)う。しかれども上(かみ)和ぎ、下睦(しもむつ)びて、事を、論(あげつら)うに諧(かな)うときは、事理(ことわり)おのずから通ず。何事か成らざらん。

(和ぎを大切にし、さからう心をなくすように心がけよ。人には誰しも仲間があるが、道理を悟っている者は少ない。それゆえ、君主や父に従わなかったり、身近な人と仲違いしたりする。しかし、上に立つ者が和やかで下のものが仲良く意見を述べあえば、自然にものの道理がわかり、すべてのことがうまくいく)




憲法というよりは、心の教え、道徳のような感じがします。

第一条は上に立つ人間(リーダー)にとって、とても大事なことが書かれています。

千三百年前に書かれていることが、現代でも通じるということは、物事の本質・道理というものは今も昔も一緒ということですね。

もう少し、十七条の憲法について書きます。

つづく・・・


今日はここまで。

ありがとうございます。


2009-02-21-20:51 思う

誰かのために

今日、私は強く感じたことがあります。

今日といっても2月19日です。いつもブログは書きだめして、少しずつ公開しているので、今日というのは19日です。
まぁどうでもいいのですが・・・


何を強く感じたかというと

『仕事は自分のペースではなく相手のペースに合わせなければ駄目だ』
ということを感じました。

仕事って突き詰めると誰かのためにしていますよね。

物を売るとか、コーヒーを作るとかは当たり前ですが、上司から頼まれた書類の提出や企画案などだって、誰から必要としているから頼まれているわけです。さらに、いつでもいいわけではなく、相手の予定やちょうどいいタイミングがあるわけで、それより遅くなると意味がなくなります。

だから、自分の都合やペースではなく、相手の都合やペースに合わせることが仕事として非常に大切なんだと思い直しました。

当たり前ですが、そんなことを強く感じた日でした。


今日はここまで。

ありがとうございます。

2009-02-20-23:38

未来記

タイトルに書きました「未来記」は

「未だ来たらずの記」(いまだきたらずのふみ)と読みます。

これは聖徳太子が書いた予言書です。


先日、聖徳太子の「日本が沈む日」―秘書『未来記』の真相という本を読みました。

歴史好きはかなり面白い本です。


聖徳太子が預言者であって、数多くの予言を残している事も面白いのですが、それよりもっと私が考えさせられたが、楠正成という人物に関してです。

預言者や予知に関しては現在も結構たくさんの方が出来るようですし、聖徳太子は陰陽道を習得したようですので、占い的な要素もあってかなりの未来を見れたのではないかと思います。自分の死ぬ日も予言していたそうですが、その予言自体よりも、読んだ人がどうであったかのほうが私は興味があります。

この先の未来がどうなりかが分かっている人はどのような行動をとるのだろうか?と考えさせられます。

楠木正成は鎌倉時代末期から南北朝時代を生きた武将です。

限られた人しか見る事が出来なかった聖徳太子の「未来記」を見た人物のひとりです。

「未来記」のなかで楠木正成が生きた時代を予言した部分があり、それを楠木が見たということが「太平記」の中で書かれています。

詳しくは書きませんが、鎌倉幕府が崩壊して、南北朝時代がくることも『未来記』には書かれていたので、楠木正成自身がどうなってしまうのかも分かっていたと思います。

自分がどうやって頑張っても勝てないことを『未来記』によって分かっていながら、最後まで天皇を守るために戦った楠木正成はすごい人物だと思います。

負けることも自分が死ぬことも知っていて、戦いに行く。
変えられない運命を受け入れて、運命に従い死を迎える。

どんな気持ちだったんでしょうか?

未来を知ることには興味がありますが、そのすべてを受け入れられるほど自分はまだ強くないのではないと考えられさせられたました。


今日はここまで。

ありがとうございます。

2009-02-19-23:20 すてきななはし

道具を大事にする

私は野球少年で高校球児でした。

野球をやる上で必ずいわれるのが「道具を大事にする」ということです。


高校のときは毎日、スパイク、グラブ、バット、ボール、グランドまできれいにしてから帰宅していました。

あの世界のホームランバッター王貞治さんとメジャーリーガーイチロー選手の道具に関する共通項があります。

それは・・・


打ったあとバットの先端が地面についてからバットを手放すということです。

バットをぶん投げたりしないんです。
そっとバットを置くような感じで手を放してから、一塁へと走ります。

バットを大事にしているので、本人が打ち損じても、バットがヒットにしてくれたり、ホームランにしてくれたりしているような気がします。

私は神様の存在を信じています。
野球をしているときは野球の神様を信じていました。

その神様はここぞって言うときにほんのちょっとの応援をしてれている、そんな気がします。

それと道具にも意思や意識があるとも思っているます。
意志や意識があるので、単純に大事にされたらうれしいので、お手伝いをしてくれると思います。

ものを大事にするひとは、神様から応援されそうです。


こちらをクリックしてみてください。
王貞治ホームラン
イチロー

よーく見てみるとバットが地面についてから手を放しているのが見れますよ。


今日はここまで。

ありがとうございます。


2009-02-18-22:48 すてきななはし

きれい好き

プロゴルファーの石川遼選手は自分が使ったトイレをきれいに掃除するそうです。
手洗いするシンクの水滴も一滴残さずきれいに拭いてからトイレを出るみたいです。

プロ野球楽天の田中将大選手は球場に落ちているごみを見てみぬふりが出来ずにランニングしながら、拾って歩くようです。もちろん普段からごみを拾って歩いているみたいですし、ごみをそこら辺に捨てることは絶対にないそうです。

二人の共通項は

若くして、トッププロとして活躍している。
次に使うひとのことを考えて行動している。
そして、きれい好きである。

と私は思います。


神様がすきなひと、応援したくなる人は

1、容姿端麗きれいなひと
2、心がきれいなひと
3、きれい好きのひと

です。

二人がプロのなかでもトッププロとして活躍し、人気を博しているのはこのきれい好きだからかもしれません。

ここぞっていうところでほんのちょっと神様が応援してくれているのかもしれませんね。
もちろん二人の実力があってこそですが。


今日はここまで。

ありがとうございます。

2009-02-17-22:36 こどもと

珍問答

毎晩、こどもが寝るときには一緒に布団に入り、話してから寝ています。

日曜日になると必ずこういった会話になります。

子:「明日休みがいいな~」
私:「じゃあ、休んじゃえば」
子:「やだ!」
私:「じゃあ、行けばいいじゃん」
子:「明日が日曜日みたいな休みがいいの」
私:「明日は月曜日だから休みじゃないよ」
子:「でも、休みだったらいいのにな~」
私:「じゃあ、休んじゃえば」
子:「だって、休んじゃだめじゃん」
私:「じゃあ、学校行けばいいじゃん」

こんな珍問答をしばらく続けています。
結局は学校に行くわけです。

子供にしてみたら、何も考えないで言っているので、私のような返事をされるのは面倒くさいんだと思います。
多分、こういう答え方をする親もあまりいないかもしれません。

でも、私は子供がしたいと言うことに対して「じゃ、そうしたら」って言っているだけです。反対をしていません。思うようにしていいよと言っているだけです。

現状を否定的に考えている人にたいして、この珍問答をしていくと、最終的に現状を受け入れることになります。
だったら、否定的に文句をいわずに、最初っから肯定的に受け入れていけばいいのにって思います。

何でも嫌がらずに、どうやったら楽しく出来るのかを考えて、すべて笑顔で受け入れていけたらいいですね。


今日はここまで。

ありがとうございます。


2009-02-16-23:19 すてきななはし

武道の本質

小牧・長久手の戦いという秀吉と家康の戦いがあります。

この小牧・長久手の戦いを知ると家康がどんなにすごい人物だったかわかります。

それは武道の本質「戦わずして勝つ」ことを家康は実践していました。

武道の「武」という漢字は「矛を収める」「戦うことを止める」という漢字です。
武道の本質は戦わないことです。

先ほどの小牧・長久手の戦いを詳しく調べてみると、家康はもう一息で秀吉を叩けたわけですが、焦る部下たちを抑えて、戦わずささっとその場からいなくなることを選択します。

「そのうちには、急いで無理をする筑前(秀吉)から、若くて無理せぬわしの上へ、神仏の頼みが移ってこよう。人はの、人がわざわざ手にかけて、殺さずとも、神仏の寿命を召されるときがある。それゆえ、神仏の意にかなうよう、部下も殺さず、筑前(秀吉)も殺さぬよう・・・・これを天下獲りのわしの掟と決めた。」
と家康は言っております。


自分の意志は「世の中から争いをなくし、領民が平和に暮らせる国を作ること」という理念があるので、今、自分が秀吉に勝ってもまた乱世に逆戻りをして、争いが続くのならば、秀吉に天下を治めてもらうことで平和な国にしたいということです。そして、神がそいした家康の上に天下を与えてくださるだろうといっているわけです。

まさに「勝負に負けて、試合に勝つ」というものです。

これが本当の武士道だと思います。


徳川家康の生き方は本当に勉強になります。


徳川家康〈10 無相門の巻〉 (山岡荘八歴史文庫)


今日はここまで。

ありがとうございます。





2009-02-15-23:04 すてきななはし

4つの理念

日本理化学工業という会社があります。

日本理化学工業は皆さんの知っているチョークの国内シェア2位の企業です。

こちらの企業の取り組むをテレビで知ってとても感動しました。

それは、従業員の70%が知的障害者であるということです。
障害者を雇用していることがすごいのではなく、チョークを作る工場で障害を持った方が働けるように、働きやすいように色々工夫して、働ける環境を作っていることです。

そして、知的障害があるので色々な仕事をこなすことが出来ないので、得意な仕事だけに特化して仕事させることで、本人たちもやりがいを持って仕事に取り組んでいます。

知的障害者を雇用するきっかけはある養護学校の先生が工場へ2名の女子生徒を就職させて欲しいと相談に来たそうです。しかし、最初はお断りしていたそうですが、先生が「この子達が働くということを知らないで一生を終わらせたくない」という熱意のある言葉に2週間だけの職業体験ということで受け入れをしました。そして、2週間たって最終日に工場のスタッフ全員がこの二人を社員にして欲しいと社長のもとに集まったそうです。出来ないところはみんなで補うからお願いしますということで、知的障害者の雇用をスタートしたようです。50年前のことです。

彼女らはお昼のベルがなっても、みんなが止めるまで一生懸命に仕事をしたそうです。


この日本理化学工業の理念は

『人に愛されること、人にほめられること、 人の役にたつこと、 人から必要とされること、の4つです。
働くことによって愛以外の三つの幸せは得られるのです』 と。

「その愛も一生懸命働くことによって得られるものだと思う」


というものです。

4つの理念。

この素晴らしい理念があるから、知的障害をもった方でもやりがいを持って働くことが出来るんですね。
この不況の中、限界まで雇用をし続ける社長がおっしゃっていました。


理念が大事です。


きょうはここまで。

ありがとうございます。

2009-02-14-23:57 思う

誰のせいでもない

先月、ある決意をしました。

それは、

「人のせいにしない」というものです。

自分にとって都合の悪いことが起こるとつい、誰かのせいにしてしまいます。

もうそれをやめようと決めました。


誰かのせいにしてもどうしようもないわけですし、誰かのせいにして逃げているだけだと思い決意したわけです。

自分に起こることは自分が蒔いた種ですし、すべては必要で必然でベストなわけですし。


だからといってみんなに勧めるつもりもありませんし、自分だけの決意です。
ただ、実践するだけ。

もし、その結果、とても面白い現象が生まれたらお知らせします。


私は運命決定論者です。

運命が決まっていることを前提に考えると、すべて決まっている事実なので、私のせいでもなく、誰のせいでもない。
そうなることが決まっていただけ、もしくはそういった宇宙の原理原則があるということだけかもしれません。


きょうはここまで。

ありがとうございます。



2009-02-13-22:37 思う

言葉には力がある

強い思いは実現すると言われます。

思いより言葉のほうがその何倍も力があると思います。

言葉に力があるという面白い例えがあります。


お昼ごはんを食べようとラーメン屋さんに行くとします。
『今日はチャーハンを食べよう』と何度も何度も頭の中で思いながらラーメン屋さんまで行きました。
席に座って、店員さんが注文を聞きにくるまでの間も『チャーハン、チャーハン』と強く思っておりました。店員さんが注文を聞ききました。
そして、『ラーメンください』と言いました。

すると、ラーメンが出てきました・・・


というように、頭の中で何度も『チャーハン』と思っていても言葉で『ラーメン』というとラーメンという現実が目の前に現れます。

はやり、思いより言葉のほうが何倍も力がありそうです。


本当は感謝しているのに『ありがとう』という言葉が言えなければ相手に感謝の気持ちが伝わりません。

悪い例でいうと、相手の悪口も言葉に出さなければ大きな問題にはなりません。どっかで第三者に言葉で伝えるからまわりまわってその人の耳に入ってしまいます。

さらに、こんな効能もあります。

喧嘩したときやイライラしているときには、頭の中で相手の悪いところなどを思い出しては、文句をういっています。すると、どんどん気持ちが高ぶってきておさえられなくなります。
そんな時、思っていなくていいので『ありがとう、ありがとう』と何度もつぶやいてみてください。

あーら不思議。気持ちが落ち着きます。本当です。

ポイントは思っていなくてもいいんです。心から言わなくてもいいんです。
言葉には力があるので、『ありがとう』って言うだけで何かが変わるんです。

思っているだけでは現実が変化することはありませんが、言葉だすとその瞬間から現実が変化していきます。はやり言葉にはかなりの力があるようです。

もちろん言葉には力があるので、良いほうにも悪いほうにも使うことが出来ます。
当たり前ですが、人が喜び笑顔になるほうへ言葉を使って、自分も笑顔になりたいですね。


今日はここまで。

ありがとうございます。

2009-02-08-14:31 思う

笑顔

久々の更新になります。
先日、テレビでフィギュアスケートの浅田真央さんが試合後のインタビューに答えていました。
その日は状態も良くなく、いい演技が出来ていないようでしたが、彼女の笑顔を見ているとこちらもつい笑顔になってしまうような本当に素敵な笑顔でした。

あの笑顔がスターの証のような気がしました。

どんなに体調が悪く成績が悪かったとしても笑顔で答えるそんな姿に感動しました。

笑顔って見ている人も笑顔に出来る素晴らしいものだと思います。

反対に嫌な顔をしているひとをみるとこちらも嫌になってしまいます。

どうやら「嫌な顔」をするときは顔の筋肉を46本使うようです。
いつも「嫌ね~」とか言ったり、イライラしているとその46本の筋肉が鍛えられますので、顔がそういう顔になります。

逆に「楽しい・うれしい・ありがとう」と楽しんで、面白がって喜んでいる人は笑顔です。
笑顔をつくる筋肉は14本だそうです。
嫌な顔を作るより3分の1の筋肉で笑顔になれるようです。

もちろん、いつも笑顔でいると、そこの14本の筋肉が鍛えられるので、ニコニコした顔になります。

当たり前ですが、嫌な顔をしているひとより、ニコニコしている人のほうが好きですよね。

ニコニコしている人は口元が上がっている。
その反対は「へ」の字口です。
日本人の3分の2は「へ」の字口だそうです。

だから、口元が上がっている人をみるとほっとしたり、癒されたり、安心するのかもしれません。

私なんかのサービス業なので「笑顔」がもっとも大切な仕事をしていますので、スタッフを採用するときは口元が下がっている人は採用しません。
そういう人はなんだかんだ必ず文句や不平不満をいいます。
口元が上がっていて、ニコニコしている人をなるべく採用するようにしています。

笑顔は人を癒す力があります。

どんなときも笑顔でいられるようにしたいものです。


笑顔のまんま
おすすめの曲です。

こちらもどうぞ。


今日はここまで
ありがとうございます。



2009-02-01-16:43 笑えるはなし

ネットミラクルショッピング

いつもネットショッピングには大変お世話になっております。

本やDVDなどはアマゾンで買っています。
ネットショッピングはとても便利ですし、楽しいのでついつい買ってしまいます。

今までのない商品を扱っているネットショップを発見しました。

その名も

ネットミラクルショッピング」です。

まずはこれをご覧ください。↓




どうですか?


是非、「ネットミラクルショッピング」で買い物をしてください。


DVDも発売しています。



今日はここまで。

ありがとうございます。


ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。