-----------:-- スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-11-28-23:56 ?

これすげぇ

これすげぇです。

ギガプリン

ギガチョコプリン




ギガプリン

来月の6日はこども誕生日です。

ケーキ代わりにこれにしようと思っています。


これすげぇーよね。



今日はここまで。

ありがとうございます。







スポンサーサイト

2008-11-27-23:55 思う

食べ物の好き嫌い

私は梅干が嫌いです。昔みたいに絶対に食べたくないということもなくなりましたが、好きではありません。
昨年までは漬物全般も食べられませんでした。さらに、辛いものもだめでした。

何でもトライしてみようと思って、キムチを食べてみてから、漬物が少しずつ食べれるようになり、チゲ鍋も食べれるようになりました。
食べてみると漬物も美味しいものです。あまり自分からは食べようとはまだ思いませんが・・・

今月、何年ぶりかに梅干のおにぎりを食べました。
農業体験で行った先でいただきましたので、喜んで食べてみたら、いがいに食べれることにびっくりです。何でも嫌がらないで食べてみることが大切です。


『食べ物が嫌いな割合』=『人間が嫌いな割合』という構造になっているようです。

出された食べ物の10のうち7つを『嫌い』という人がいる。このような人は100人の新しい人と知り合うと、受け入れれるのは30%で70%の人を「嫌いだ」「嫌な人だ」と言います。
このように食べ物の好き嫌いの割合と対人関係の好き嫌いの割合はほとんど同じのようです。

そして、70%を「嫌いだ」と食べ物と友人に言っている人は、面白いことに目の前で起こる現象の70%を「嫌いだ」「嫌だ」「気に入らない」といいます。

嫌いだ嫌いだといっている割合は一緒のようです。

食べ物の好き嫌いがなくなる(0%)とその他の対人も目の前の現象の好き嫌いも0%になる。

確かに、この事実を知らないで食べ物の好き嫌いをなくそうと思って何でもトライしてみたら、何でも受け入れられるようになりました。
自分の目の前で起こる現象の問題が減ってきたし、嫌いな人が減ってきた。
ということに気づきました。

不思議です。

先日のブログでも書きましたが、食べ物の好き嫌いは思い込みだと思います。
単に嫌いな理由や食べられない理由をあげて、嫌いだと思い込んでいるだけ。
好きな理由と食べたい理由を考えてみて、好きだと思い込むと案外簡単に食べられるかもしれません。

すると、より多くの人と付き合いが広がり、目の前の現象に問題がなくなる。

とても簡単に人生を楽しむことが出来そうです。


今日はここまで。

ありがとうございます。





2008-11-26-01:01 妄想

思い込み

病は気からとよく言いますが、どうやら本当っぽいです。

ひとを催眠術にかけて、木製の箸を「鉄製の箸で火で熱しているから熱いよ」といって腕に"ジュッ"って押し付けると水ぶくれが出来るそうです。

でも、実際に腕に押し付けたのは木製の箸で本当は熱くないはずです。しかし、催眠術にかかっている本人には真っ赤に熱された鉄の箸が腕に押し付けられたと思い込んでいる。

ここで面白いは「思い込むこと」で体は正直に反応することです。

木製の箸だと思っていれば水ぶくれは出来ません。

不思議ですね。


人間の体は思うことで何とでもなるのかもしれません。
「私の体は超合金、風邪引かない病気しない、私の体は細胞グー(サイボーグ)!」っていうことで、風邪を引かないというのもうそではないと思います。

心次第ということにもなります。イメージトレーニングもこの要領です。

中村天風さんが「人間は心から神経が出ていて体に繋がっている」と言っていました。

おなかが痛いとき「痛い、痛い」といっていても治りません。そんなときは「隣のおばちゃんのおなかがいたいと思え」とも言っています。

ようは「痛い」というのは心が思っているのであって体が言っているのではないということです。


こころというものはとても不思議なものですね。


今日はここまで。

ありがとうございます。






2008-11-22-23:11 ツイてるはなし

武将の側近

徳川家康のように最後まで生き残った戦国武将の一番の側近は、槍や剣の名人ではないようです。
一番の側近には、九死に一生を得た強運の持つ主だけを集めました。
これが戦国武将の生き残り方でした。

松下幸之助さんはこのことを知っていたかわかりませんが、面接のときに「幸運だ」「ラッキーだ」「ツイている」と答えたひとだけをどんどん採用したそうです。

そのとき採用された人たちが課長や部長になって、つくるものつくるものが滅茶苦茶うれるようになって大松下が出来たそうです。


やっぱり「運」や「ツキ」というのが大事なようです。
よーく考えて見ると「運」が良いというのが何より強いきがします。

それと「幸運だ」とか「ツイている」という言葉の裏には「感謝」が隠れています。
感謝のこころがなければ、「運がよかった」とは言い切れないと思います。
だからうまくいくのかもしれません。

私たちにも出来ます。
自分の友人たちといつも「運がいい」「ツイている」と言いあう。
そこには過去も未来も全て肯定して「感謝」しているということです。

そんな仲間が増えていくと毎日がとても楽しく幸せですよね。


今日はここまで。

ありがとうございます。




2008-11-21-22:41 おすすめ

かぜを治す呪文

最近、めっきり寒くなってきました。仙台でも雪が降り始めています。

そうなると、空気は乾燥するし、寒いし、風邪が流行りはじめます。

私も先週、お店の事務所のエアコンの側にいたせいか、のどが乾燥して少し熱っぽくなってしまいました。風邪の引きはじめの感じです。

しかし、私は風邪を治す呪文を知っています。
その呪文を何度も繰り返したらすっかり良くなりました。

その呪文とは・・・

「私の体は超合金、風邪引かない病気しない。私の体はサイボーグ(細胞グー)」

です。これを何度も言っていると体の中から温かくなります。


呪文って聞いてもっとすごいものを想像したと思います。

半分冗談のような内容ですが、効果はあります。
冗談みたいなことをまじめにやることがいいのかもしれません。
何でも面白がってやることが効果を高めていると思います。


こういう面白い情報を伝えるだけだと「メッセンジャー」です。
私は「メッセンジャー」ではなくて「ジッセン(実践)ジャー」を目指しています。

面白い情報を聞いたらまず自分で実践してみる。
その結果を伝える。


とにかく効果はあります。
ポイントは疑わず、面白がってやってみることです。

ちなみにこの呪文は「宇宙が応援する生き方」 小林正観著に載っています。





ぜひお試しください。


今日はここまで。
ありがとうございます。


2008-11-20-23:06 ツイてるはなし

不思議とツイてます!

先日、奥さんとこどもと三人で買い物をしていました。

こどもがクリスマスツリーが欲しいというので、ニトリでツリーや飾りを見ていました。
たくさんあるクリスマス飾りの中にサンタさんがスケートをしている絵が書いてあるものがありました。

それをみてうちのこどもが「スケートしたいなぁ」といっているので、
「いいねぇ、こんど行こうか!」と私が答えていつ行くか話していました。


そして、休み明けの月曜日。

そんなスケートの話なんてすっかり忘れていました。


お店の社員が「てんちょうにいいのあげる~」っていいながら、黄色い短冊形の紙を2枚くれました。

よーく見ると、なんとスケート場の無料券です。一枚で2名様まで入場無料です。

ツイています!かなりツイてます!

昨日の今日です。

行きたいと思っていたことが、ただで行けることになりました。
本当に不思議です。

最近、よくシンクロが起こるし、ツイてることが多く起こります。

本当に憑いているのかもしれません。


今日はここまで。

ありがとうございます。


2008-11-19-23:07

共通項

うちの奥さんが珍しく本が欲しいというので、アマゾンで本を買いました。

夢をかなえるゾウ



100万部を超える大ベストセラーになっています。
ドラマ化もしているみたいです。

けっこう面白い本です。


夢をかなえるかどうはわかりませんが、成功者の共通項をわかりやすく面白く書いてあります。

成功者の本って難しく書いてあるもの多いので、この本はわかりやすいので大人気になっているのでしょう。


この本に色々な著名人(成功者)が出てきます。
成功者の共通項を実践していくことで夢をかなえるわけです。

共通項って「アーやったらこーなった」という方程式=宇宙法則ですよね。

これは面白がってやる価値がある。

経営コンサルタントだって色々な成功事例を集めて、ルール化する。これも共通項から方程式を導きだしているわけです。

情報としてそのような方程式=宇宙法則を知ったらな面白がってやってみる。
「トイレ掃除をすると臨時収入がある」というのも同じ共通項から導き出した宇宙法則。

色々な共通項を見つけて、面白がって実践してみると結構楽しいです。


今日はここまで。

ありがとうございます。






2008-11-18-23:12 思う

笑いと超能力⑤

笑いと超能力の最後です。

あるテレビ番組を観て、笑い → 前頭葉 → 十字式 → 超能力 → 笑い・・・
と思考をめぐらしていましたが、結論から言います。

毎日、楽しく過ごして馬鹿笑いしていると超能力のスイッチが"ON”に切り替わり「思い」が現実になりやすくなる。


私の仮説が正しいとかどうかはわかりませんが、自分の中でもしかしたらそうなのかもしれないという感じになっています。後は実践あるのみです。


笑うことで潜在能力(超能力)を発揮することができる。
ということは、毎日、毎日楽しく過ごすことであって、その瞬間を精一杯念を入れて生きることかもしれません。

人間を造った存在(神・宇宙)が人間の脳をそのようにプログラムしている。

過去の出来事や、これから起こるだろう未来の不安などに心を奪われて、暗くなるより、今目の前のことの一所懸命に喜び、楽しく明るく生きることで思いが現実になっていくと思います。

「笑うかどには福来る」

という言葉があるように、昔の人はこのことを良く知っていたのかもしれませんね。

小林正観さんの後援会に行くと、「面白くて笑うのが笑いの初級、つまらなくても笑うのが笑いの中級、わけわからなくても笑っているのが笑いの上級」といわれます。
とにかく2時間ほとんど笑いっぱなしです。

オヤジギャクがどんなにつまらなくても、本気で笑ってみる。
だって、笑って超能力を発揮して、思ったことが現実になるほうが笑わないよりも得です。
損得勘定でオヤジギャクを笑うこと。

笑いは共感から生まれるという結果から考えて、受け入れることだと思います。

オヤジを受け入れないことが「オヤジギャグ」を笑えない理由。
何でも受け入れて共感してみると笑える。

新婚夫婦が相手の変な寝顔を笑えたらうまくいくという話を聞きました。
これって受け入れているから笑える。

笑いは受け入れることかもしれません。


なんでも受け入れて毎日楽しく笑顔で笑いの絶えない人は周りを明るく楽しく元気にしてくれる。
そんなひとへ神様からのプレゼントが「超能力」なのかもしれません。

すると思いが現実になるという次の段階が待っている・・・そんな気がします。


笑いと超能力はおしまいです。


きょうはここまで。

ありがとうございます。






2008-11-17-22:58 思う

笑いと超能力④

またつづきです。

どうやら私たちの脳ってほとんど使われていないようです。

ある本によると人間の脳細胞は120億個ほどあるそうです。ところが死ぬまでに使うのは普通の人で15%、優秀な人で25%、天才と言われるひとで40%ほどみたいです。
ということは持っている能力をほとんど使えていないわけです。
使っている能力を「顕在能力」、使っていないのを「潜在能力」といいます。

この使っていない部分の能力(潜在能力)が超能力です。

超能力は先天的なものだけではなく、先日書きましたが十字式の宗癒師のように、訓練すれば誰にでも発揮できる力のようです。

私にも可能性があります。もちろん皆さんにも。

超能力って、例えばESP(extrasensory perception=超感覚知覚)のように、カードなど使って訓練できるものもありますし、比叡山の「千日回峰」のように厳しくつらい修行で体得するものもあります。

「死の前の3分間」というものがあります。

死ぬ直前になって「誰々さん元気かな~」って思うと、時間や空間を越えて会いにいける。
本人はベットで寝ているのに、会いたい人のもとへいって最後のあいさつをしてくる。もちろん相手にもちゃんと見えて会話もしている。だけど、会うはずもないところで急に現れて、急にいなくなる。
死ぬ直前に超能力のスイッチが"ON”なるみたいです。

私が思う超能力とは「思い」が現実になることだと思います。


もう少し続けます。

今日はここまで。

ありがとうございます。




2008-11-16-22:56 思う

笑いと超能力③

またまたつづきです。

前頭葉→十字式健康法へと思考が進んだ理由について書いていきます。

いつかこのブログでも書きましたが、数年前にぎっくり腰で「十字式健康法普及会」に大変お世話になりました。その後数回通い腰痛を治していただいていますが、とてもびっくりする治療法なんです。
背骨をまっすぐにをご覧ください。

この十字式健康法の施術は背中を軽く触れるか触れないかくらいの力で背骨をまっすぐにしてくれます。時間にして1分から2分くらいです。
こんな感じです。↓




はじめて十字式に行ったときに待合所にパンフレットとか色々置いてあるのですが、それを読んでいると、この技を使える宗癒師さんが日本全国で15名だと書いてありました。
さらに、その人たちははじめからこの能力を持っていたのではなく、訓練(修行?)によってその力を発揮しているようなのです。

そのパンフレットはインタビュー形式になっていて「最初はどのような訓練をしたのですか?」という質問に対して、宗癒師は「前頭葉を鍛える訓練をしました」と答えています。

出ました!「前頭葉」。

先日の教育テレビで「オヤジギャグ・・・」の検証結果で笑うと「前頭葉」が活発に働くというものを見て私はこの十字式の宗癒師の言葉を思い出しました。
そして、十字式 → 超能力 という思考が生まれました。

そして超能力 → 笑い・・・

笑いによって超能力を発揮することが出来るのではないかと思ったのです。

まだ続きます。


今日はここまで。
ありがとうございます。





2008-11-14-22:57 思う

笑いと超能力②

つづきです。今日もサブタイトルをつけましょう。
~前頭葉を働かせよう~

いきなり前頭葉の話をします。

もちろん私は高卒ですし、前頭葉については詳しくありません。ただおでこ辺りにある脳であることくらいは知っています。
なので、ちょっと調べました。




でもよく分かりませんでした・・・やはり難しい。


なぜ、前頭葉なのかと申しますと昨日も書きましたが、ある教育テレビの番組で「オヤジギャグはなぜつまらない」というのを科学的に調べてるときに笑っているときと笑っていないときの脳波をしらべていました。すると、笑っているときは前頭葉が活発に活動していることがわかりました。

そこで私は勝手に色々と思考をめぐらせながらテレビを観ていました。

こんな具合です。

前頭葉 → 十字式健康法 → 超能力 → 笑い ・・・・

ということで笑いが超能力を発揮させるのではないかと勝手に仮説をたてているわけです。


今日はここまで。

ありがとうございます。



2008-11-13-22:45 思う

笑いと超能力

今回はサブタイトルを付けたいと思います。

~おやじギャクで大笑いする~

変なタイトルになっていますが、笑いと超能力について色々と妄想が暴走しているので、何回かに分けて書いていきたいと思います。

先日、ある教育テレビの番組がとても興味深い内容のものでした。
「おやじギャクはなぜつまらない」というものです。

しかもそのなぞを科学的に検証していこうというものです。
タイトルはとてもいい加減な感じですが、内容は興味深いものです。

なんでオヤジギャクって面白くないんでしょう?
どうして笑えないんでしょう?

笑うときは横隔膜が震えます。
オヤジギャクを聞いたときにどれだけ横隔膜が震えるかを調べてみました。
面白いの「笑い」について真剣に研究している大学教授がいます。
その方が決めた笑いの単位が【aH】(アーハ)というらしい。細かいところまでは憶えていませんが、横隔膜が何秒間に何回震えると【1aH】だそうです。

結局、オヤジギャグを50個くらい聞いてみたものの大きな笑いにはなりませんでした。

その結果を踏まえて、オヤジギャグがつまらない理由を二つあげています。

①ズレ
②イメージが湧かない

ズレとはいまどきの人たちとズレているということもあると思いますが、笑いってギャグの内容が現実との差があるから面白いんだと思います。そのギャグの中でそのギャップが少ないという意味もあると思います。
イメージが湧かないというのも、このズレと近い感じでいまどきの人にはその言葉の意味すらわからないくらいで、言っていることすら理解できないのでイメージが湧かない=つまらないとなっているんだと思います。

しかし、そのオジギャグを笑える方法があるんです。

ギャグを言う人がする動作をギャグを聞く人が真似します。

例えば、一回手を叩いてから「ワン」って言います。これを真似します。
続いて、2回手を叩いてから「にゃー」と言います。同じく真似をします。

適当にこんな感じで交互に同じ動作を繰り返し行います。
二人が同じ動作をすることになります。

何回か繰りかえし行った後にオヤジギャグを炸裂させます。

「このカレーかれなぁ」

大爆笑です。


だたのオヤジギャグはつまらないけど、同じ動作をしたあとは爆笑です。
何ででしょう?

その答えは「共感」です。
同じ動作をお互いすることで共感が生まれます。
共感することでギャグが面白くなります。

笑いをとりたければ共感することです。

じゃんけんであいこがずっと続くと笑えてきますよね、あれです。共感です。

共感が笑いを生むようです。


まだまだ笑いと超能力は続きます。

今日はここまで
ありがとうございます。





2008-11-12-22:36 ?

続・痛い

今朝、頭痛と目の奥が痛いと書かせていただきました。

さっきまで痛いの忘れていました。

頭痛はいつの間にか治っていました。目の奥はまだ少し痛いです。

今朝痛かったのももしかしたら気のせいかもしれません。
痛みは忘れる、忘れていると痛みは気にならない。

まぁどちらでもいいですが、今は痛くないので良かったです。


今日はここまで。

ありがとうございます。


2008-11-12-07:52 ?

痛い

おはようございます。

昨晩から頭痛と眼球の奥が痛いんです。

でも元気なんです。

どうやってこの痛みを治すか考えています。不思議な方法で治せたらいいと思っています。

今日も一日楽しんでまいりましょう!!


今朝はここまで。
ありがとうございます。

2008-11-08-23:31 思う

かっこよく歳をとる

先日、山形のお店が一部改装しました。
というわけで、昨日は一日中山形にいました。

夕方になって、お店の奥に座ってゆっくりと改装後のお店を眺めていました。
あたらしく出来た部分と今まであった部分とがいい感じに一体化している。さらに窓越しに見える夜の風景と店内でくつろいでいるお客様とがまたいい雰囲気になって、いい感じに年をとってかっこよく感じました。

ただ時間が経って古くなったのではなく、何年もの間、お客様やここで働いているスタッフやいままで働いていたスタッフに愛情をたくさん注がれてきたから、かっこよく年をとってきたんだろうなって感じました。
本当にいい店だな~って心からそう思います。

そしてこれからもっともっと良くなる気がします。
良くなるっていうのは見た目がかっこよくなるというのもありますが、この店を通じて喜びが増えていくようなそんなかっこよさです。
もちろんここで働いているみんなももっともっと楽しく、幸せになっていきそうです。
お店がその力をもっているようなそんな気がしてきました。


そんな妄想をしながら車で仙台に帰りました。

仙台のお店に戻ったら、なんと3年半くらい前に辞めた社員とスタッフがお店に来てくれていました。うれしいですね。
店長をやっていてOBやOGがお店に来てくれるは本当にうれしいのです。

そして、かっこよくお店が年取れるのもこういったスタッフたちがお店を自分たちのお店として大事にして、愛情を注いでいってくれたおかげです。それと、その意志を受け継いだ今のスタッフおかげだなって実感しました。

お店って喜びの発信源だと思います。
仕事って突き詰めて考えると「喜ぶこと」が目的になっています。

お客様を喜ばせること、そして働く人たちが喜ぶこと、さらに関係する全ての人が喜ぶこと。


その喜びの積み重ねがお店をかっこよく年をとらせてくれているんではないでしょうか。

何より「喜び」のないお店は永くそこにあり続けることはできないと思います。
歴史があるということは「喜び」の積み重ねなのかもしれませんね。


今日はここまで。

ありがとうございます。





2008-11-03-23:06 おすすめ

四柱推命

先日、無性に本が欲しくなって本屋さんに行きました。
しかし、読みたい本がなかなか見つからず帰ろうとしたときに一冊に本を見つけて即買いました。

こちらです。


『恐ろしいほど当たる 四柱推命』黒川兼弘著


四柱推命には昔から興味があったのでいい機会だと思って本を買って少しずつ勉強していくつもりです。四柱推命を知りたい方はこちらをクリック→四柱推命

簡単に占える四柱推これは面白いです。→幸福の四柱推命

四柱推命で占うのが目的ではなく、そのプロセスがどうなっているのかが知りたいのです。
今回買った本だけでは情報量が少ないので、もっともっと勉強していきます。かなりはまっています。

この本に裏表紙に「偶然は一切ありません。その選択も、その決断も、この四柱推命で判断できるのです」と書いてあります。
これって、運命が決まっているということですよね。
占いって運命が決まっているという前提で出来ていると思います。

さらに、「あなたと同じ命式の人はいません」とも書いてあります。
四柱推命は生まれた年、月、日、時間の四つで占います。
その四つで占った結果で性格や運命が判断できるわけです。
それをみていると「もともとみんな違うんだって」思えてきます。
自分と自分以外の人は違うものだと思えたら、みんな受け入れられる気がします。
そう考えると人間関係のもめごとなどは少なくなるかもしれませんね。
だって、もともと違うんですもんね。

そして、「自分自身の本質、隠れた才能、能力、相手の本性・・・・いいことも悪いことも全てわかってしまいます。それが知ることが恐ろしければこの本を読まないでください。」と書いてあります。

たしかに、調べていくとどんどんへこんでいきます。
なぜならばいいことだけが書いてあるわけではなく、悪いことも同じくくらい書いてあります。しかも当たっています。

もっともっと詳しく調べて行こうと思っています。
それは興味本位と運命についてのヒントになるかもしれないからですが、もうひとつは、自分の運命を全て受け入れられるようになるためにです。

すべて受け入れられたら何かが変わるかもしれません。
そんな気がします。


今日はここまで、
ありがとうございます。




2008-11-01-23:07

面白い本です

今日は面白い本をご紹介します。

こちらです。

『なぜ、偉人たちは教科書から消えたのか』




日本史が好きな人にはとても楽しめる本だと思います。
もちろん、日本史が好きではない人でも楽しいと思います。
教科書で見たことのある人物の肖像が実はその人ではないようだ・・・
それはなぜだ?というような内容の本です。

ぜひ、読んでみてください。


今日はここまで。
ありがとうございます。



ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。