2008-07-29-23:52 こどもと

すっきり

最近、なんだかすっきりしませんでした。

余裕はないし、イライラするし、なにやるにも面倒くさいし。

そんな日が1週間くらい続いていました。夏バテかな?って思っていました。


そんな精神状態なので休みでも余裕がありません。
ちょっとしたことでこどもに怒ってしまう嫌な自分がいました。

せっかく休みで子供といれる時間もあまりないのに、怒ってばかりでこどももかわいそうだし、申し訳ない。仕事の日になるとそんな休日を反省したりしていました。

昨日、たまたま『イライラ』について店長仲間からメールが来ていて、自分のそんな状態だということを書いたら、なんだかすっきりしてきました。

そして、少し早めに家に帰り子供と夜のコンビニに買い物に行きました。
子供は夏休みだし、少しくらいの夜更かしは気にしないし、心も晴れて余裕もあったのでのんびり夜の散歩に出かけました。
ランニング姿の子供がいつになく愛しくなったので、抱っこしてみました。かなり重いので最近、ママも抱っこしてくれないので喜んでいました。ちなみ27kgあります。

そしたら、空は曇っていましたが北極星がきれいに見えました。
子供と星の話、宇宙や宇宙人の話をしながらコンビニへ。

ゼリーとジュースとアイスを買ってコンビニから帰るとき空を見上げたら、なんとさっきまで曇っていた空が雲ひとつない真っ黒な夜空になっていて、その夜空にはたくさんの星が輝いていました。

勝手なこじ付けかもしれませんが、私の心が晴れたから素晴らしい夜空になったのだと思っています。

本当にありがたいです。

こどもと手をつないで夜空を眺めながらのんびり帰りました。

といきたいところですが、『アイス溶けちゃうから早く帰ろう!』って子供に言われて急いで帰りました。


とても不思議で素敵な夜でした。


今日はここまで
ありがとうございます。


スポンサーサイト

2008-07-28-23:51 思う

東洋思想的解決法

今日の仙台はなかなか暑い日でした。
27℃くらいありました。
しかも、朝まで雨が降っていたので、蒸し暑い一日でした。

そんな中、お店の事務所のエアコンが故障しました。

午前中はなかなか動き始めなかったですが、順調に冷えていました。

が、

午後になると、少しずつ出てくる風の温度が上がってきました。

夕方になるとすっかり熱い風が出始めていました。


暑くて、暑くて、裏口のドアを開けていますが、窓のない事務所には風は入ってこず・・・

外のほうが涼しいほどです。

パソコンで文章を書きたいのに汗ばかりをかいています。


そこで私は考えました。

東洋思想的な解決方法を。

それは『風鈴』です。


近所のダイソーへ行き、きれいな音のする風鈴を2個買って、事務所の出入り口の扉と更衣室の扉に設置しました。

誰かがその扉を開けるたびに『ちりーん、ちりーん』って涼しげな音がなります。

とても涼しい気がしてきました。

が、

全く室温は変わっていません。
でもなんだか涼しきなった気がします。

これが私は東洋思想的だと思っています。

西洋思想的解決法はエアコンを買うとか、扇風機を持ってくる。新規でエアコンを購入するなど、現象面を変化させる。
実際に感じる温度を下げることだと思います。

東洋思想的発想は、現象面ではなく感じ方を変える。心を変えるというのかもしれません。
風鈴の『ちりーん』って涼しげな音を聴くことで涼しく感じる。実際の温度は全く下がっていない。

もともとの現象なんて0(ゼロ)だと思います。

その0(ゼロ)にプラスマイナスをつけているのはこちら側の心だと思います。

涼しいと思えば涼しいはずです。


でも、本当に今日の事務所は暑かった。

今日はここまで。

ありがとうございます。




2008-07-25-08:54 思う

イライラしない

東北は先週くらいに梅雨明けしました。
梅雨明け宣言をしたとたん、雨降りが多くなった気がします。

最近、朝仕事に出かける時、外を見ると曇りだけど雨は降っていない日が多く、傘を持たずに出かけます。
そして、マンションから少し歩いてもう戻ると面倒な距離になると雨が降り出します。

歩きながら『どうしようかな~もどろうかな、それともそのまま急いでいこうかな~』って考えた挙句、一回目は家に戻りました。
しかし、マンションに戻り急いで駅に向い、駅に着く所で雨が上がりました。

そして、昨日も同じように同じ所で雨が降り始めました。
流石に2回目は面倒くさいのでそのまま諦めて歩いていました。

なるべく木の蔭をとおり濡れないようにして駅まで急ぎ足で。
私の住んでいるところは駅までの通りにドングリの木が街路樹として植えてるのでその下を通って行くと案外濡れないもんです。

そして駅に着きそうな時、雨が上がりました。

突然の雨などにもイライラしないで楽しんでいる自分がいるのに気が付きました。
昔の自分だったら雨が降ってきただけでイライラしていたかもしれません。

でも、ドングリの木の下を歩いていることを楽しんでいたらイライラすることを忘れていました。


そんな私でもイライラする時があります。

それは家族に対してです。

たぶん奥さんやお子供には甘えがあるんだと思います。
自分のこと分かってもらっている、もしくはわかってもらいたいという依存が強くあるからもい通りにならなくてイライラしちゃうんだと思っています。

最近は子供がよくしゃべるのでその言動にイライラしています。
生意気なことを言ってくるのでこっちもむきなって話していると、その親子喧嘩なのか兄弟喧嘩みたいな状況を見て、奥さんが『その言い方パパそっくりだね』と言って笑っています。

子供の言動に腹が立つのはどうやら自分の嫌な部分をみてイライラしているということです。
子供は親の鏡なんですね。

また子供の教わりました。

そんな生意気な子供の言動を笑って受け入れられるようになりたいものです。


今日はここまで。

ありがとうございます。


2008-07-22-21:19

2:39

先週の金曜日、仕事で6:00にはお店に行くつもりでいたので、少し早く寝たのですが、まず12:39に目が覚めてしまい、少し水を飲みまた寝ました。

すると、2:39には完全に目が覚めてしまい、仕方がないので起きてました。
無理に寝るくらいなら本でも読んでいようと思い五木寛之さんの『気の発見』を読み始めました。



1/3は読んでいたのですが、2:30から4時くらいでほぼ読み終えて、行きの電車で最後まで読みました。


たまには間違って早起きしての本を読みは気持ちが良いものです。

2時、3時ころはとても静かですし、本に集中できます。いつもよりも何倍も集中力が増す感じがします。


五木さんの本も早朝読書もどちらもおすすめです。


今日はここまで。

ありがとうございます。


2008-07-21-21:18 思う

三つの日本一

母校の野球部が夏の大会で準々決勝だというので子供と応援に行ってきました。

高校野球


私は高校球児でした。

高校野球を観てると燃えてきます。しかし隣で子供は飽きてます。
そのせいか、わが母校は負けてしまいました。
久々に応援に行きましたが、とても面白かったです。

試合が終わってスタジアムから出ようとして歩いていると、スタンド端や階段、通路、出入り口などいたるところでベンチに入れなかった応援の野球部員が帽子を取って『ありがとうございました』と応援に来てくれた人たちに挨拶をしています。

なんかとても感動しました。

試合には負けてしまいましたが、OBとしてとてもうれしかったです。

そのとき、ふっと高校一年生で入部したてのころを思い出しました。

その当時、わが野球部は強くありませんでした。今年のようにベスト8に入れる実力はなかったと思います。

しかし、わがわが野球部は三つの日本一を目指していました。

それは、

1、日本一グランドがきれいに整備されている野球部

2、日本一道具をきれいに、大事に扱っている野球部

3、日本一挨拶がしっかりしている野球部

です。


高校一年生の時、雨でグランドが使えず体育館のギャラリーで二年生の先輩と基礎体力づくりをしていました。その先輩が一年生部員を集めて、こう話してくれました。

『うちの高校は決して強くはない、だから甲子園で優勝して日本一にはなれないかもしれない、でもこの三つで日本一を目指しているし、どの高校よりも負けてないと思う』
その言葉を聴いて私は感動したのを憶えています。

甲子園で優勝するのも日本一です。

でも私たちの高校も同じ日本一だと思っていました。


今日の試合後の『ありがとうございました』という野球部員の挨拶を聞いて、監督さんは変わっているけど精神は受け継がれていると思い感動しました。

彼らも日本一の高校球児だと思います。


こちらこそ感動をありがとう。


今日はここまで。

ありがとうございます。





2008-07-17-23:07 笑えるはなし

金星帯(きんせいたい)

最近、手相や四柱推命を勉強しています。

といってもネットで面白いサイトを見つけては調べている程度ですが、なかなか面白いです。
もっと色々知りたくなってきました。

私が見ているサイトはこちらです。

『手相の見方』
なかなか面白いんです。

生命線、知能線、結婚線、運命線・・・・というふうに一つひとつ自分の手と見比べて調べていっていました。
そしてタイトルに書いた『金星帯』という線にたどり着きました。

そこには『エロさや魅力を現す』と書いています。

この線です。
金星帯

なんと、私の右手にはこの金星帯があります。


ということはエロいということなんでしょうか??


気になって詳しく読んでいくと、

■金星帯の基本
金星帯(きんせいたい)またはエロス線は、中指と薬指の下を囲うように現れる線です。
この線を持っている人は、独特な魅力で異性を引きつける力があります。
また、異性の思っていることを察知する能力に優れます。



ちょっとほっとしています。

『この線がある人はエロです!』と書かれていたらちょっとへこみます。
別にエロくてもいいのですが、ポジティブに考えて『独特の魅力がある』ということにしました。


手相って面白いですよ。

しかも、変化していきますしね。運命が変更されると手相が変わるのか、それとも手相が変わったから運命が変わるのか。

私は後者だと思います。

姓名判断もそうですが、結婚して苗字が変わると運命も姓名判断での運命も変更されます。
はやり名前が先で運命が後。

これも不思議ですね。運って何なんでしょう?

人相も顔が変わるから運命が変わるのです。内面を磨くことで顔が変わって運命が変わるのではなく、顔が変わるから運命が変わって内面が変わるみたいです。

心を磨く前に顔を磨くほうがいいみたいです。

そして、エロくなりたければ、中指と薬指の下を囲うように線を描いてみてください。


今日はここまで。

ありがとうございます。






2008-07-16-22:53 ?

異星人エロヒム

こんばんは!
いきなりこんなタイトルごめんなさい。

今日帰宅してポストを開けると名刺サイズくらいのチラシが入っていました。
そこにはこう書かれていました。

『異星人エロヒムを地球に公式に歓待する運動』世界182国で展開中


??????????って感じです。
でも気になる。こういうの大好物です。

さらに続けて

●真の人権・教育・環境・政治、幸せな社会とは?

????????って感じがまだ続きます。


本が出版されているみたいで


詳しくはこちらをご覧ください。↓
『宇宙人からのメッセージ』無限堂出版
900円  全国の書店にて絶賛発売中!!
http://www.rael.org


仙台でセミナーを行うみたいです。しかも無料・・・

アマゾンで本を見つけました↓詳しくはこちらをご覧ください(笑)



ちょんまげ外人が・・・

ますます怪しい。

ホームページを見つけました。
詳しくはこちらをご覧ください↓(笑)

http://ja.rael.org/rael_content/index.php

またちょまげのおじさんが出てきます。
その人がラエルさんという方らしく、その人が異星人エロヒムに出会ってメッセージを受け取ったみたいです。

その話によると人間と異星人はよく似ているらしい、なぜならその異星人に似せて宇宙人科学者がDNA操作して創造したからだ・・・

って感じです。

詳しくはこちらをご覧ください↓(笑)

http://ja.rael.org/rael_content/index.php


でも、なんでこれが我が家のポストに入っていたのだろう?

もしかしたら異星人エロヒムが・・・


今日はここまで。

ありがとうございます。





2008-07-14-21:26 おすすめ

宝くじを買おう! その2

先日、宝くじの記事を書いたら、私の仲間のかにゃこさんからコメントをいただきました。
その内容がとても面白いので本人の了解をいただきましたので、ここに転写します。

運が悪くなってきてるかも・・と、思ったときは宝くじを買うと良いと聞きました。宝くじを『外すこと』で運の悪さを使うことができるとか。以前、周りのひとたちが体調をくずしてたので2千円分宝くじを買いました。そしたら2200円当たってました。みんなも元気に回復してました。運が悪いって一体なんのことなんでしょうか。受け入れられればなんでも、良いことになっちゃうし、なんとかしようと思うと悲しむ時間もないですよね。運ってなんなんでしょ。 《コメントはここまで》


本当に運って何なんでしょう!?

同じような話で、旅行へ行こうとして玄関で靴を履く時に靴紐が切れていた。
そんな時、この旅行へは行くなという暗示ではないかと思うかもしれませんが、どうやら違うみたいです。この先起こるはずだった事故をこの紐が切れたことで帳消しになるみたいです。

運って何なんでしょう?

その日に事故にあうことが決まっていたが、靴紐が切れたことで、運命的には事故が起こったと解釈するのでしょうか?

そんなアバウトな感じなんでしょうか?

かにゃこさんのコメントにあった『宝くじを外す事で運の悪さを回避』したことと同じで、これも運命の勘違いだと思います。

病気になる運命だったのが、宝くじを外したことで運命的には病気になって(もしくは運気が下がった)と解釈したのかもしれません。その結果、運気が回復しています。
難しいのでうまく説明できませんが、そんな感じがします。

かにゃこさんの『運が悪くなってきてるかも・・と、思ったときは宝くじを買うと良い』というのは運命変更の方法とも言えると思います。

私が知っている運命変更の方法は『外応』というものです。
詳しくは森田健さんの著書をご覧ください。


簡単に説明すると『問いを発すると答えが返ってくる』というものです。
その答えを外応といいます。問いに対して神様が答えてくれる。

笑は吉、泣くは凶。丸は吉で尖ったものは凶という感じで、問いを発して最初に見たものや聴いたことをがこの答えということになります。

なので、問いを発して自分の笑顔の写真を見れば答えは吉ということなります。
私は毎日、電車の改札を抜ける時に
『今日もツイてるいい一日なりますか?』という問いを発して、定期入れに入っておる奥さんと子供の最高の笑顔の写真を見ています。
『今日もツイてるいい一日になりますよ』という外応(答え)を自分で作っています。

これも運命変更のひとつといえると思います。

運命は決まっているのに人間の手で変更も出来るということみたいです。

そして、運気が下がってきたかなぁ~って思ったら宝くじを買いましょう。
運気も回復して、さらにおまけついてくるかもしれませんね。

かにゃこさんありがとう。また面白い話があったら教えてください。


今日はここまで。

ありがとうございます。





2008-07-13-20:48 こどもと

今日は記念日

今日は記念日が二つ重なりました。

ひとつめはこちらです。↓

自転車


そうなんです。うちのこどもが初めて自転車に乗れるようになりました!!

いや~感動しましたね!

ここ一週間少しずつ夜に練習していましたが、なかなかうまくいきませんでしたが、今日はお休みでしたので公園で練習することにしました。

びっくりです。公園について一分くらいで乗れるようになりました。
本人も私も大興奮です!!
広い公園を一周して戻ってきた子供の第一声は
『分かった!!』でした。

多分、なかななうまくなれなかった理由は『恐怖心』だと思います。
普段は駐車場で練習しています。駐車場は狭いし、車があるしでおっかなびっくりしながら自転車に乗っています。だからなかなかうまくいなかったと思います。

広い公園だと何も邪魔するものがないため、のびのびと自転車に乗れたんだと思います。
なんでも最初は怖いもんですよね。
子供が何かにチャレンジするとき『恐怖心』を取り除くことが出来たらどんどん上手になっていく気がしました。


そして、もうひとつの記念日は私の実家で飼っている犬の誕生日です。
もう16歳になります。名前はボブです。
ボブ


実は私は犬嫌いでした。ボブが来るまでは。

高校3年生の秋に家に帰ったらボブがいました。
犬嫌いな私でもボブだけは大丈夫でした。

あれからもう16年も経って、ボブもすっかりおじいちゃんになりました。
たまに実家に行くとこどもとボブとじいちゃん(私の父親)と散歩行きます。

なかなか会えませんがボブも私の大切な家族です。

今日は記念日が二つ重なったとてもいい日でした。


今日はここまで。

ありがとうございます。




2008-07-10-22:49 すてきななはし

宝くじを買おう!

先日、宝くじを買おうと思ったのですが、やめました。

なんとなく金運がアップしている気がしていたので、『買ったら当たるかも!』なんて思っていたのですが、自分の意志で買うと当たらないって気がして・・・(理由は後ほど)

最初はナンバーズやロト6みたいに自分で番号を選んで買うものにしようとしていたのですが、番号を選ぶという段階で自分の意志が入ってしまう。だったら、スクラッチにしようと思ったんですが、これも
買う段階で自分の意志で買うことや当たることを意識してしまう。

そっか、誰かに買ってもらえばいいんだ~

でも、『お願いだから俺に宝くじを買って。』ってお願いする段階ですでに自分の意志です。

そんな葛藤をしているうちに買うのが面倒になりました。


佐賀県の高島という小さな島に、宝当神社という神社があります。

その高島の島おこしのために『開運宝当袋』というものが売っているそうです。

その宝当袋を縫っていたおばあちゃん二人になんと一億円の宝くじが当たったのです。
2002年のことみたいです。
この島の人口は470人。その中の二人が一億円当たった。

不思議ですよね。

『この袋に宝くじを入れてお祈りした人に宝くじが当たりますように。この島に訪れた人が幸せになりますように。』と心を込めて袋を縫っていたおばあちゃんが一億円当たったのです。

宝くじを買って当たったら自分のためにどうやってお金を使うかと考えている人には当たりにくいということみたいです。。

私の周りにも同じようにして当たっている人がいます。

実家のおかぁさんに宝くじを贈ったら当たっていたとか、落し物を届けてその中に宝くじがあり、それが当たっていた。

私も小額ですが、母親に買った宝くじが当たっていました。

ほんと不思議です。

突き詰めて考えると『喜ばれる存在』になることで神様が応援してくれているということになると思います。

自分が喜ばれる存在になることで喜べる。


皆さんも家族や彼氏彼女に友達や仲間に宝くじをプレゼントしてみたらいかがですか?

そのときに『当たるとうれしい。でも当たらなくてもいいけど。当たると幸せだな。当たらなくてもいいけど』と喜びや幸せの上乗せをすると良いみたいです。

絶対当たらないと嫌だと思ったときから神様はそっぽを向いてしまうかもしれません。



今日はここまで。

ありがとうございます。


2008-07-09-22:23

天地自然の理法

毛利元就を読んでいます。


とても共感をした文面がありましたので、そのまま転写します。

元就が、軍書よって熱心に勉強してきた戦力戦術を、われとわが身から遠ざけたのは三十五、六の時からだった。
どのように仔細らしく説かれた戦術書も、結局はその人、その人の経験を書き綴ったものにすぎない。したがって、もし相対する敵味方が、同じ能力で読みこなして対陣したら、双方とも勝つか、それとも勝敗なしに終わるはずだったが現実はそうではない。戦えば必ず勝敗はハッキリする。
と、いうことは、たよるべきものが軍書ではなくて、自然の理法に自分の知を加えたその総和なのだと悟ったからであった。
これを察知するものは人間の能力で、自然のほうには少しも変化はない。とすれば、人間の能力こそ無限の差異があり、それが勝敗を決してゆくのだと考えるよりほかになかった。

元就という人間が天地自然の理法を敬虔に見つめながら、他人より一歩深く人情の機微の添って行動する限り、敗北などは、ありようのないものだという答えが出る。
もしそれがあるとすれば、元就自身の怠惰から、自然と人情の調和点を見失い、無理を重ねる結果でなくて何であろう。


《抜粋ここまで》


これは商売や仕事にも置き換えて考えられるのではないでしょうか。

軍書は成功法則を書いたビジネス書などかもしれません。

斎藤一人さんも言っていました。
『成功するのは手段ではなく、考え方である。
世の中は道理で動いている。』

道理は『天地自然の理法』のことだと思います。

人の成功手段を学ぶよりは、自然や宇宙の法則を知り、学ぶ。
そして、より深く人間というものを知ること。

知った知識を実社会で実践することが成功に繋がる、そんな気がします。

元就の言っている、もし失敗があるとすれば、自分の怠惰から自然と人情の調和点を見失い、無理をすること。
無理とは自然、宇宙の法則から外れていることかもしれません。

外れているからお知らせしてくれている、それを一時期的に失敗と呼んでいて、そのことに気づいた人はその失敗を成功の元だというのだと思います。


今日はここまで。

ありがとうございます。




2008-07-08-22:46 おすすめ

失敗しない質問

失敗しないメニューを教えてもらう質問・・・・

「今日、初めてこのレストランに来たのですが、これを食べたら、これからずっと、こちらに通い続けるだろうという二品はどれですか?」



これは私がとっている神田昌典さんのメルマガにあった言葉です。

とても興味深い言葉だったのでブログに書いています。


この質問には解説があります。


絶対に、美味しいものを食べられる質問です。
それをきっかけにウェイター、ウェイトレスとも会話が弾みます。
重要なのは、相手に仕事の楽しさ、誇りを教えることです。
そうすることで。もっと多くの人が、お客様を喜ばすこと(ビジネス)に興味をもつようになります。



とても興味深いです。

お店側の人間として、自分のお店にこれからずっと通ってもらうために、この質問に答えられる準備をしておかないといけないと思いました。

さらに、仲間やスタッフにこの質問をしてみることで、スタッフにも仕事の楽しさや誇りを持ってもらえるし、さらのお客様を喜ばせることに興味が出てくれると思います。

これはいい質問です。
早速、明日から使ってみます。

皆さんもどこかで使ってみてください。



今日はここまで。

ありがとうございます。


神田昌典さんのお勧め著書



2008-07-07-22:39 思う

七夕

今日は七夕です。

先日の自由参観日の話の続きです。
時間目は算数で引き算をしました。そして、4時間目は『せいかつ』です。

『せいかつ』私の時代にはなかったので分かりませんが、今回は七夕飾りと短冊をつくり願い事を書いて飾りつけをしていました。

うちの子供の隣の男の子は『お金持ちになりたい』って書いて、みんなの前で発表していました(笑)

もし自分だった少し恥ずかしいかもしれません。


うち子供は『ひゃくめいとるおよげるようになりたい』と書いてありました。

『みんなの前で発表したい人は手を上げて』という先生の声に全く反応せず、帰り支度をしていたので手も上げていませんでした。


今年は天の川がよく見える年だそうです。

しかし、仙台は曇りで見えません。残念です。

ところで、私も始めて知ったのですが、七夕の短冊に書いてご利益ある願い事は芸事であるとされているそうです。

もともとが芸事の上達を祈る祭りだったみたいです。


だから、うちの子供の隣の男の子のように『お金持ちになりたい』というような願いは七夕の短冊に書くものではないようです。

うちのこの『100メートル泳げるようになりたい』というのは芸事になるのでしょうか。





今日はここまで。

ありがとうございます。






2008-07-06-01:01 思う

ほめる

今日はこどもの参加日でした。

自由参観というもので、土曜日に月曜授業を行い、2時間目の終わりの休み時間から4時間目が終わるまで親たちが自由に参観できるというものです。

授業参観では見られない休み時間の遊び方などが見れて楽しいものです。

うちのこは3時間目算数の授業でした。

一年生の今は引き算です。

先生が問題を出します。みんな一斉に手を上げます。

うちの子はあげてません・・・


たぶん面倒なのです。

本当に自信のある時しか上げません。


どんどん子供たちが答えていきます。

みんな正解です。先生がそのつど『立派です』とか『正解!』などといっています。


私はなんか物足りなく感じました。

子供が手を上げて答えたのにたいして、もっと大げさに褒めたらいいのになぁ~って思いました。


子供が手を上げて答えます。そして正解でも不正解でも『みんな拍手~』とクラス全員から拍手をもらえたらもっと子供たちは答えることや問題を解くことが楽しくなるのではないでしょうか。

もし、不正解のだったとしても『残念、でも大きな声で答えてることが出来た○○くんに拍手~』ってやってあげればいいと思います。

とにかく褒めて楽しませるともっと子供はやる気になります。


うちの子供には基本的にどんなことでも褒めています。
もちろん怒るときもあります。

しかし、絵だったり、運動だったり、字を書くことだったり、算数だったり、とにかく何でも褒めています。
出来なくても褒めています。
いいところを見つけては褒める。

そうするとうまいうまくないとか正解不正解を目指さずに楽しく取り組んでくれるようになりました。

そのこと自体をまた褒める。そんな感じです。

褒められると子供はうれしそう。とくにママに褒められるのはうれしいみたいです。
はやり男の子は一番身近にいる女性に褒められるとやる気になるみたいです。

子供が喜んでいるのを見て、私たちも喜んでいます。

これって『随喜功徳』ですよね。

喜んでいるあなたを喜ぶ私。喜んでいる私を喜ぶあなた。
喜んでいるだけで徳を積む。


とにかく褒めることってお互いに良いことみたいです。



今日はここまで。
ありがとうございます。



2008-07-04-22:38 おすすめ

カレーが食べたい

最近、なんだか週末にカレーを食べたくなります。

というか、作りたくなります。


6月の15日。この日は父の日でしたが、こどもとカレーを作りました。

普段は料理をしませんが、出来ないほうではないはずですので、やれば出来るタイプです。


突然、カレーが作りたくなったので、奥さんが仕事から帰ってくる前に作ってみようと言うことで、ネットで簡単に作れるカレーを検索しました。

そこで見つけたのが『COOKPAD』クックパッドです。

私が第一回目に選んだのは

『おかわり必至!ニンニク鶏のカレーライス』
レシピ おかわり必至!ニンニク鶏のカレーライス by すがみほ


とても簡単に作れました。30分くらいでした。

子供にたまねぎをミキサーに入れてもらうのを手伝ってもらっていたら、たまねぎが目にしみて泣きながら手伝ってくれていました。

何より、子供と奥さんが美味しいって言ってくれたのでよかったです。

さらにこの翌々週もカレーを作りました。

今週も作ろうと思っています。

今週はドライカレーでも作ろうかな~

レシピ 春野菜の旨みたっぷりドライカレー♪ by みかぴろ



今日はここまで。

ありがとうございます。




2008-07-03-22:28 思う

ツイてるひと

私の周りにはツイてる人がいます。

私もツイてます。


ツイてるひとはいつも楽しそうです。

体調が悪くても、疲れていてもなんだか楽しそうです。

一見バカっぽいですが、いつも笑顔で楽しそう。

そんなツイてるひとの周りのはたくさんの仲間がいます。
その仲間もいつも楽しそうです。

ツイてるひとは問題が起こってもすぐに解決します。
問題だと思わないからです。

ツイてるひとは仲間が助けてくれます。

急に人が休んでお店にスタッフが足りなくなっても、偶然(必然?)遊びに着たスタッフが入ってくれたとか、間違って早く来たスタッフがいたりして、問題が解決してしまいます。

そして、『ツイてる!』って思いながら『ありがとう』って周りに感謝しています。

その感謝の気持ちが常にあふれているののでとてもお店に雰囲気がいい。

ツイてるひとはどんどんツイていく。

『ツイてる、ツイてる』っていっているとツキがよくなるみたいです。

『ツイてる』と『疲れた』の語源は同じ言葉みたいです。

それは『憑く、憑依する』という言葉です。


何かに憑かれたから体が重い『疲れた』のかもしれません。

その背中に憑いた雑霊さんは憑いているひとが『疲れた、疲れた』ばかり言うから『疲れた』って言いたいと思ってその言葉を言わせるように背中で働いているみたいです。

同じ『憑かれる』という言葉なのだから、『疲れた』といわずに『ツイてる』っていうと背中にいる雑霊さんが『この人はツイてるって言いたいのか』と『ツイてる』って言わせるように働くようです。

だから、疲れを感じたら意識して『ツイてる』って言うほうが得。

それを実践していると『ツイてる人』になります。



今日はここまで。

ありがとうございます。





2008-07-02-23:24 思う

ツイてないひと

私の周りにはツイてないひとがいます。

最近の出来事ですが、6月14日に『岩手・宮城内陸地震』がありました。
そのとき、私の住んでいる仙台でもかなりの揺れで被害が多く出ていました。

運がよいことにうちのお店や私の担当してるいる7つお店では被害が全くありませんでした。
本当にツイているなと思いました。あれだけの地震があったのに普通に運営できているだけでもありがたいことです。

しかし、同じ社内のひとたちでツイていない人たちの担当しているお店では、大きな被害がでています。

ひとりは震源よりかなり遠くなのですが、お店の入っているショッピングセンターの被害が大きかったみたいで稼ぎ時の土曜日一日休みになってしまいました。
かなりの売上げを期待していた日だったみたいです。

もうひとりは居酒屋で土曜日にとても大きな予約が入っていたのですが、地震の影響でお客様がこれなくなり、当日にキャンセル。
これも大きな売上げだっただけに食材も含めてお店の被害は大きかったようです。


私はこの二人のツイてない人たちを客観的に見ていて、共通項を見つけました。

それは『文句』ばっかりいっています。

いっつもあーでもない、こーでもないっていっています。

自分は一生懸命やっているけど自分の部下がちゃんとしていないとか、外況が悪いとか、出来ないことばかり並べて言い訳している。

とにかく、話していても前向きな言葉がほとんど出てこない。

そんな二人の担当している店たちは常に人手不足です。

当たり前ですよね。文句ばっかり言っている人の下で楽しく働けないですよね。

どうせ働くなら楽しく働きたいですしね。文句ばっかり聞いていたら疲れちゃいますよね。


世の中は道理で動いてるというのがよく分かります。


だから文句を言う時間があったら『ツイてる』とか『ありがとう』っていっているほうがいいと思います。

文句言うのは勝手です。
でも、組織は99%トップで決まります。
トップの人が文句ばかり言っているとその組織はツイてない組織なってしまい、そこ人たちまでツキを逃してしまいます。

ツキたいなら、ツイてるひとと付き合いなさいっていわれますが本当だと思います。

私も自分の仲間を『ツイてるひとたち』になって欲しいので、文句を言わずに、仕事をしています。


今日はここまで。

ありがとうございます。





ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム