-----------:-- スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-23-11:19 おすすめ

幸福術①

またまた久々の更新です。

最近読んでいる『山岡荘八歴史文庫100』の新太平記5巻が見つからず今だに買えていないので、その間にひろさちやさんの『幸福術』を読んでいます。

ちょうど一年前に読んだ本なのですが、本棚を見るたびに気になっていたので新太平記の続きを読む前に読み始めました。

読んでみると素晴らしく面白く、さらに『今日を幸せに生きる』ヒントが沢山書いてありましたので、少しずつこのブログで紹介していこうと思います。

①『幸福術』は『幸福論』とは違う

『幸福論』とは、これからどうしたら幸福になれるのか
『幸福術』とは、いま幸福に生きること


簡単に言えば、今日と明日の違いです。

今日をいかに幸福に生きるかを考える。これが幸福術だそうです。
江戸っ子は宵越しの銭をもたねぇ・・・って粋がっていたみたいですが、これも幸福術の考えた方で今日は今日で楽しむ。

小林正観さんがこういっていました。
『念を入れて生きる』
念を分解すると『今』と『心』に分けられる
今、目の前にいる人を大事にする
今、目の前のことを大事にする

これも幸福術ですよね。

私たちは明日のことを知ることが出来ません。
だから明日起きることを心配するよりは、今を大事に楽しくすることが幸福になれる術みたいですね。

もし、未来が確実に知ることが出来たらもっと幸福になると思います。

だって、今も未来にも心配がなくなりますもんね。

今日はここまで。

ありがとうございます。








スポンサーサイト

2008-01-17-09:13 思う

今年の初ブログです

あけましておめでとうございます。
今年初のブログ更新。初ブログになります。

気付くと今年も15日を過ぎてしまいました。

先日、会社で月に一回の会議がありました。
会議に出て思ったことがありましたので、久々に更新します。

私は統括店長です。私のチームには私以外に5名の店長がいます。
先日の会議にそのうちの2名が店舗が忙しくてお店から抜けられず欠席いたしました。
私のチームにはよくある事です。なぜならば会議よりお客様やお店を優先するように伝えているからです。

でも会社側にはそれは通用しません。どうやら会議が最優先のようです。

現場(店舗)と管理では考えに違いがあっても良いと思うのですが、一方的に参加しない側に問題があると言われるのは納得がいかないわけです。

そこで思いました。『何のための会議?』って
お店を良くするための会議ではないのでしょうか?

まぁそんなのはいいのですが・・・

本当は何を思ったかと言いますと、『一方だけに非があるわけではない』ということです。

私のお店には30人以上のアルバイトさんが働いてくれています。皆さん素晴らしい個性をもっています。
そのスタッフたちに仕事を教える時は30人いれば極端にいうと30通りの教え方をします。でも教える内容は同じです。全員に同じ教え方をしても同じように覚えてもらえないからです。教えて出来ていない時は教わった側の問題ではなくて、教えた側の問題だと思います。そうしないと進歩はない。一方的に教えられる側が出来が悪いということになってしまいます。だから伝わらないのは教える側の教え方が悪いという考えになりました。

もし、私が会議の議長側だったら『参加しないのには何か理由があるのではないか?』『参加したくなる会議をするためにはどうしたらよいのか?』って考えて強制的に会議に参加させるのではなく参加したくなる会議を開催しようと考えます。

そうすれば参加するほうも開催するほうも双方が喜べる会議になります。そんな会議は前向きなので内容もより良いものになっていくのではないでしょうか。

どちらにも問題はある。
どちらかが自分の考えだけを主張してもうまくいかない。
相手のことや事情を認めたうえで双方プラスになることを考えればいいと思います。

そう思いません?

そんなことを思った会議でした。

ありがとうございます。

ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。