2007-04-28-12:52 すてきななはし

サービスについて

私はコーヒーショップ店長です。
従業員とお客様を喜ばせるのが主な仕事です。

お客様を喜ばせるサービス、感動させるサービスってなんだろうと考えています。

そこでサービスについてこんな言葉を思い出しました。


『商品のミスはサービスでカバーできるが、サービスのミスはカバーできない』


やはりサービス力がお店の力になる。

ということは『人』ですね。人の魅力です。

もっともっと自分を磨こうと思います。


ありがとうございます。






スポンサーサイト

2007-04-26-09:42 思う

切り替え

最近ずっと『坂の上の雲』という歴史小説を読んでいました。これは明治維新から日清戦争を経て、日露戦争までの話です。

いつもはビジネス書や自己啓発的な本が好きなので読んでいるので、たまに小説を読むと最初、全く頭に入ってきません。そして読むスピードもかなり遅めです。

しばらく読み進めていくうちに『ビジネスモード』から『歴史小説モード』に目や頭が切り替わります。、そうすると読む速度や頭の回転が速くなり、想像力も増すのでどんどんのめりこんでいきます。

そして、その『坂の上の雲』は全8巻ですが、6巻を読み終わってから7、8巻を買っていないので、ビジネス書を読んでいます。

また『歴史小説モード』から『ビジネス書モード』に切り替わっています。

小説も面白いですが、やっぱり私はビジネス書が好きですね。
自分の頭を思いっきり回転させながら読んでいく。
モードが完全に『ビジネス』になっている時はいいアイデアが生まれます。

私は結構単純なんですね。

読んだ本にそのまま影響されますし、モードのそれに切り替わるし、素直に書いてあることを実行します・・・・

そんな自分が好きなのも事実です。

今は『半ビジネスモード』『半歴史小説モード』の脳みそです。

面白いもので頭で『問い』を持って本を読んでいると、その本に答えが出てくることが良くあります。
すごいシンクロです。

というより、人間はその問いに対する答えを無意識で探り当てる能力を持っているとのだと思います。

問いを持って本を開いてみてください。

そこに答えがのっているかもしれませよ。


ありがとうございます。

2007-04-25-14:41 未分類

天風金言・至言100選③

今日は元気になる天風翁の言葉です。

● 自己は心の主人である。
● 暗かったら窓を開けろ。光がさしてくる。
● どうせ死んでしまうんなら、笑って暮らすが得か、泣いて暮らすが得か。
● 持たなくてもいい重い荷物を、だれに頼まれもしないのに一生懸命ぶらさげていないか。


今日は短めです。


ありがとうございます。

2007-04-23-16:41 すてきななはし

胎教ってすごい!

先日、内の店の卒業生(元スタッフ)からメールが届きました。
子供が生まれたという嬉しい内容でした。

しかも予定日通りの4月6日に生まれたそうです。
予定日通りに生まれる赤ちゃんは珍しく、全体の4%しかいないそうです。

それだけでもすごいのに、この卒業生はまだ赤ちゃんがお腹の中いる時から、胎教で『4月6日に生まれてきてね』って言いづつけていたそうです。

こどもはお腹の中でおかぁさんの声を聞いて、その期待に応えたんですね。

本当に素敵ですね。
赤ちゃんはお腹の中にいる時からしっかりおかぁさんと繋がっているということです。

ホント嬉しいメールでした。

店長を8年続けていると元スタッフが結婚したり、子供産んだりと嬉しいことがどんどん増えてきます。

こうして今、一緒に働いているスタッフもいつか親になってお店に遊びに来ると思うとなかなか辞められないような気がします。
そういう場所を作るのが好きなんですね、きっと。


とにかく『胎教』はすごいです。
皆さんもぜひ、やってみてください。


ありがとうございます。





2007-04-19-09:06 思う

教育は共育

4月になってお店の体制が変わることで、スタッフとミーティングする機会が増えています。

やっぱり教育は大切だなと実感します。

店長の仕事は『教育』が一番大事だと思っています。

『教育』といっても手段(方法)ではなく『本質』を伝えることが何よりも大事です。

なぜ、仕事をしているのか?
お店に存在意義。存在価値。
仕事とはなにか?
社会人として心得。など

『何』ではなく『なぜ』という本質を教えることを心がけています。

手段を本質を勘違いしてしまうのが一番良くないと思っています。

仕事とは結局のところ『相手を喜ばせる』というところにたどり着きます。

私はコーヒーショップだから『コーヒーをつかってお客様を喜ばせている』ということになります。
何の商売でも当てはなると思います。喜ばせる道具の違いです。

私のお店はアルバイトさんで成り立ってます。
彼ら彼女らの力でお店が運営されています。でも彼らはここが本職ではなく目指している職業があって、やりたいことがあるから大学など学んでいるのだとおもいます。でも彼らが目指しているものと私達がやっている仕事の『本質』は一緒です。
『相手を喜ばせる』ことです。

だから私たちの『教育』の根幹はアルバイトスタッフがこの店を通過して学んだことで社会に出たとき少しでも役に立つことを伝えるということになります。

そして教える側の私たちも成長することです。これを『共育』ということにしています。

下は上を見て育ちます。
店長は『率先垂範』で実行しなければなりません。


旧日本海軍の山本五十六元帥の言葉です。

『やってみせ、いってきかせてさせてみせ、褒めてやらねば人は動かじ』

私の教えるときにいつも思い出す言葉です。

店長をやっていて販促や管理も大切だと思いますが、やっぱり一番大事なのは『教育(共育)』です。

ありがとうございます。


2007-04-17-14:55 すてきななはし

天風金言・至言100選②

最近はちょっとだけ忙しくて更新が出来ていません。

また大好きな中村天風さんの言葉のご紹介です。


真理は足元にある。

・健康や運命に関係なく、いつも元気でいられるのが人間である。

・人間の力でどうにもしようがない運命というものはそう沢山あるものではない。

・運命には2種類ある。どうにもしようのない運命を天命と言い、人間の力でうち開くことのできるものを宿命と言う。


今回は運命についての言葉です。


やっぱりすべては『心』次第ということみたいです。

私は天風さんの本を読んできてだんだん元気になっていきました。
『心』が常に前向きであれば楽しくなる。その逆ならつまらなくなる。
やっぱり心次第だということを教わりました。

お腹が痛いとき『痛い』って言っていても治りませんよね。
極論をいうと『痛い』と思うから痛いんであって、隣のおばちゃんのお腹が痛いと思えば自分のお腹はいたくなくなるということです。

私は実際にそうやっています(笑)

痛いときだけでけではなく、『イライラ』とか『空腹』とかもこれで大丈夫です。
心って面白いでよね。


ありがとうございます。

2007-04-13-09:06 すてきななはし

天風金言・至言100選 ①

私は中村天風さんが大好きです。

『君に成功を贈る』


この本の『天風金言・至言100選』から素敵なことばをご紹介します。


●目にふれるすべての物は一切合財すべて人間の心のなかの思考から生みだされる。

●人生は心一つの置きどころ。人間の心で行う思い方、考え方が人生の一切を良くも、悪くもする。

●人間の心は、人生の一切をよりよく建設する力があると同時に、また人生をより悪く破壊する力もある。



今回は『心』についての金言・至言でした。


ありがとうございます。

2007-04-11-12:12 思う

おばちゃんに思う

私のお店はコーヒーショップです。

夕方になると『おばちゃん』といわれる人たちがたくさんいらっしゃいます。
近所のスーパーでのパートの帰りでしょうか、3~4人の団体でいらっしゃいます。

おばちゃんが3人揃うと『不平不満、愚痴、文句、悪口』大会が始まります。
側を通ると『○○さんはダメ』だとか『○○さんは好きじゃない』、『私だけが働いている』『○○さんは全然働かない』とか聞こえてきます。

そういう話をしている人たちは顔は『への字口』『眉間にしわ』『目が吊り上って』います。いつもそんな顔をしているから普段からもそんな顔になっちゃいます。
だからお店に来た時点で『この人はこういうことを話するんだろうな~』って見当が付きます。

ちなみに、眉間にしわを寄せると老化物質がでて老けるそうです。
その反対、若返るには鏡で自分の顔を何度も見ることだそうです。鏡で自分の顔を見ると、女性ホルモンが分泌されるらしいです。

話をおばちゃんに戻します。

私はそのおばちゃんたちを見ると悲しくなります。
だって、そのおばちゃんたちが文句や悪口を言っている相手も間違いなくその人たちの文句や悪口を言っているからです。

結構単純で文句をいうから言われるんですよね。

文句を言われてると思ってまた文句を言っているわけですよ、お互いに。そして人相が悪くなって、老けていく・・・

聞いている方だっていい気分にはなりません。
だから誰も聞いてくれません。そして孤立していく、もしくは同じような顔で同じようなことを言ってる人たちが集まって同じことを繰り返す。

職場の雰囲気だってよくないですよ。
そんなお店に来るお客様だっていや思いを感じ始めれば来なくなります。

これって楽しくないですよね。

損か得かで考えると、絶対に損です。

結果的に自分を苦しめることになります。

逆に3人集まって仲間を褒めていたら、その人たちも賞賛されると思います。

宇宙の仕組みは『投げ掛けたものは返ってくる』。

褒めれば褒められる、親切にすれば親切にされる、喜ばせれば喜ばされる、与えれば与えられるわけです。

『不平不満、口、文句、悪口』を言いつづければ『不平不満、口、文句、悪口』いう状態が続くということです。

だから『ありがとう』『ツイてる』って言いつづけると『ありがとう』『ツイてる』といいたくなる現象が次々と起きてくるわけです。

どっちが得か一目瞭然ですよね。


私の机の前に中村天風さんの言葉が貼ってあります。

『感謝一念』
不平不満を言わず「正直・親切・愉快」(三行)をモットーとする

『三つの禁止(三勿)』
「今日一日、怒らず、恐れず、悲しまず」


私は毎日これを見て仕事しています。

もちろん私も弱い人間ですから文句も言いますし、悪口も言います。でもなるべく言わないようにしています。
それのほうが得だって知ってるからです。

そのおばちゃんたちもそれに気づいてほしいな~って思いました。


ありがとうございます。

2007-04-09-11:54 思う

子供との時間

私には5歳になる息子がいます。

今朝は一緒に病院に行ってから保育園に送ってきました。

こうやって子供と病院に行くことでさえ楽しいのです。

一人っ子なので親ばかでいます。というか馬鹿親ですね。

それくらい可愛いのです。


私は『子供との時間に悔いを残さないように』っていつも思っています。

こどもはいつか親元を離れていきます。こうやって一緒に病院に行ってくれるのも、一緒に手をつないで歩いてくれるのもあと何年もないと思います。だから子供といる瞬間を大切にしようと思ってます。
何年後かに後悔しないように。


とはいっても、たまに疲れてるとめんどくさかったり、腹が立つときもあります。もちろん叱って泣かすときもあります。

それも親子にとっては大切な時間です。叱るときは一回。その後は抱きしめておしまい。

そしてまたいつものように一緒に遊ぶ。

冬が終わって、春になってのでそろそろ外で遊べるようになります。

小学校になったら一緒に遊んでくれなくなるのかな~って思っているので、今年の休みは子供とたくさん遊びたいと思っています。


病院の待合室でこんなことを考えていました。


ありがとうございます。って


さっきまで大雨だったのに、無心でブログを書いていたら、晴れてます!!


これはツイてます!!

ありがとうございます。


2007-04-06-10:36 不思議なはなし

霊感

皆さんは幽霊とか心霊現象化とか信じますか?

私は信じますし、大好きで色々調べています。


先日、うちのお店に霊感の強い子が出勤途中にとてつもなく恐ろしい霊に追われて、恐怖のあまり動けなくなってしまいお店に電話をして助けてもらったというすごい出来事がありました。

その後、このスタッフはお店の事務所で寝ていたのですが、その霊もしばらく側にいて声も聞こえていたらしいです。

面白いですね。

でも「らしい」なんですよね。


見えない私たちにすると解らないのです。その怖さやどうやって見えるのかなどなかなか理解できないと思います。

でも、それを「ありえない」って言ってしまえばおしまい。何も起きないですが、「面白い」「何でだろう」って思うと新しい発見、自分の知識の幅を超えられると思います。

自分が知らないことや体験・経験していないことを否定するより、肯定して「なんだか面白そう」ってなることで自分はもっともっと色々なことを知ることは出来ます。こういうのを素直で勉強好きって言うのだと思います。

船井幸雄さんが成功する人の三カ条をこういっていました。
①素直
②プラス発想
③勉強好き


私は霊感がありませんが、霊感がある人というより強い人が周りに多くいます。人はもともと霊感はあると思います。
私も多少あると思います。それは『勘』がいいほうです。直感言うやつです。これも霊感に一つです。

霊のことに興味を持ったのは高校生のときです。
当時、映画化していた丹波哲郎さんの『死んだら驚いた』(タイトルには自信がありません)を読んでいました。

高校野球をやっていて、勉強は殆どしていませんでした。授業中は寝ているか本を読んでいるかです。その中の一冊です。

そのあたりから霊界とか死後の世界とかを信じ始めています。

だんだん話が怪しいほうへ行っていますが・・・・

私の仕事のテーマというか、人生のテーマは
『正しい人間観』と『正しい宇宙観』を持つことです。
人間とはなにか?宇宙とは世の中のしくみとは?
これを知ることで仕事でも正しい判断が出来ると思い日々勉強しています。


その一つに霊感ということも入っています。

霊感のある人の話しをたくさん聞いているとすごく不思議です。

見える人は霊に周波数を合わせているような感じだと私は理解しています。ラジオとかテレビと一緒です。周波数が合わないと見えない。あわせられない私も見ることはできません。

世の中には不思議なことが沢山ありますね。でも目の前で起きているということは事実です。
その事実を否定しないで、受け容れてみると面白いです。不思議とそうゆう人や現象が集まってきます。

最近、さらに霊感が強くなってきたみたいで、霊の話をしていたので少しだけ肩が重くなってきました。

こうゆう時は『ツイてる!』って喜びます。

そうするとその霊さんも私が喜ぶことしてくれるそうです。

ぜひ、皆さんもやってみてください。

ありがとうございます。


2007-04-03-11:14 思う

2000.4.2

昨日は4月2日です。

2000年4月2日に私が店長をしているお店がオープンしました。
一日約1000人以上のお客様が来店して下さるお店を任された当時25歳でした。あれから7年が経ちました。

当時はまだまだ未熟でしたが、持ち前のハッタリ根性と「何とかなるさ」という楽観主義的考えでなんとかがんばっていました。

そんな私がここまで大きなお店を店長をやってこれたのも素晴らしい社員、スタッフに出会えたからです。本当に感謝です。

当時、「どうせ働くなら楽しいほうがいい!」と思って仕事は楽しくやるものだと思い、楽しい店長になろうって思います。まぁそればもともとの自分だったんですが、会社からは「店長は嫌われてなんぼだ。」みたいなことを言われていました。でも嫌いな人と働きないはずだと思って、楽しく働いてもらいたいと思う一心でした。もちろん若いので怒鳴ったらおこったりをしますが、厳しいから楽しさも倍だと思っていました。

毎年、4月2日になると今までであった来たスタッフや社員のことを思します。ここまでこれたことに感謝します。


どうやら私は4月2日にも縁がありそうです。こじ付けかもしれませんが。
前回に紹介した「誕生日大全」でも4月2日生まれの人とは相性が良いみたいです。ちなみに大変な時期を一緒に乗り越えてきた店長仲間も4月2日生まれです。

そして忘れもしない4月2日の事件があります。
私のお店は仙台のアーケード内になります。そのアーケード内をトラックが暴走して、何名もの方が亡くなった事件が起きたのも4月2日です。

もし、その日いつものように荷物が納品されていたら私も事故に遭っていたかもしれません。納品がいつもよりも30分遅れたり、納品が遅いので外に見に行こうとしたときにスタッフにケーキケースの扉が壊れてるから直してくれって言われて修理していたり、といつもと違うことがい起きたことで私は助かりました。

私は「生かされた」って思いました。


私にとって4月2日はとても意味のある日になっています。

振り返ると「生かされた(活かされた)」日かもしれません。

お店もいままで店長をやってきた店は全部閉店していますが、このお店だけは順調に成長していますし、店長仲間も大変なときいつも支えてくれます。そして事件で本当の意味で生かされました。「死」を知って生きることを再認識しました。

来年の4月2日が楽しみです。


ありがとうございます。

2007-04-01-14:09

誕生日って不思議だな。

私は運命も人生もほぼ決まっていてシナリオどおりになっていると思っています。

先月の結婚式にいって「運命の赤い糸」は存在すると確信しました。

この二人は生まれた瞬間から一緒になることは決まっていたんだなぁって思えました。

この度結婚した仲間の誕生日は9月24日です。私の友達にも9月24日生まれが2人もいます。しかも高校時代に一緒に野球をやっていた同級生8人の中の2人です。
私はこの日に深い縁があるのかもしれません。

誕生日って不思議だなぁ~ってずっと思っていました。


そしてその結婚式の帰りにある本を見つけました。

これだーって思って買いました。

こちらです。↓
「誕生日大全」


この本は面白いです。

自分の事を再発見出来ますし、家族や仲間の長所を再発見できます。
そして相性や運命の人、ソウルメイト(魂の伴侶)も見つけることが出来ます。

家族や仲間の誕生日のことをみていると、不思議な関係に気づきます。

その出会いはすべて偶然ではなく、必然だと思えてきます。
もちろん結婚することも親との関係や仕事仲間もベストなタイミングに出会うことも。
さらには子供の誕生日すら、私が生まれたときに決まっていたように感じます。

誕生日が一日変ると運命のまったく違うものになります。

不思議です。

この本には占星術、数秘術を合わせた方法で書かれています。

誕生日の数字自体にも意味があるんですね。
運命というものを考えさせてくれるし、感じさせてくれる一冊です。

お勧めです。


今まで出会った人もこれから出会う人たちもすべて私が生まれた瞬間に会うことが決まった人たちです。必然で必要な出会いであると思います。

この世の中には偶然はなくすべては必然で必要になっているみたいですね。

もっともっと誕生日について考えていきたいと思います。

そしてすべての運命の出会いを大切していきたいですね。


ありがとうございます。



ブログ内検索

カスタム検索

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

店長おすすめ~その1~

てんちょうおすすめ【その1】はこちら



誕生日大全



生年月日から性格や運命がわかります。



こちらの カスタマーレビューもご参照ください。

店長おすすめ~その2~

てんちょうおすすめ【その2】はこちら



宇宙を味方にする方程式



★「うれしい」「楽しい」「幸せ」の本!いま話題の小林正観さんが淡々と語った毎日が楽しくなる肩の凝らない人生論。



こちらの カスタマーレビュー もご参照ください。

小林正観さんの本

そのほか情報

Yahoo!で検索

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム